×

カマヴィンガがアーセナル移籍!? 仲介人“事実無根”、レアル・マドリード残留へ

レアル・マドリードのカマヴィンガ。(Photo by Angel Martinez/Getty Images)

チェルシーからも問い合わせ。しかしマドリードも本人も「幸せ」な状況と強調。

 スペイン1部レアル・マドリードのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(Eduardo Camavinga)が、イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCにレンタル移籍!? 

『90Min』は1月21日、アーセナルとチェルシーFCが、なかなか先発での出場機会を得られずにいる20歳のセンターハーフを獲得できるかどうか、レアル・マドリードに問い合わせたと報じた。いずれも1月の移籍マーケットで、さらに中盤を補強したい意向だという。そこで、このポテンシャルが十分な逸材に着目したそうだ。すでにチェルシーは複数の候補者を逃している。

 しかし、移籍情報を専門とするジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏(@FabrizioRomano)は同日、レアル・マドリードに放出する考えはないと報じた。

「エドゥアルド・カマヴィンガの代理人ジョシュア・バーネットが、アーセナルとチェルシーからのローンの問い合わせについて語った。『もちろん、世界中のクラブが彼を欲しがっているが、彼はレアル・マドリードでとても幸せで、レアル・マドリードもカマヴィンガにとても満足している」と語っている。カマヴィンガは残留」

 また、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督がこの件について、「モドリッチやトニ・クロースと同様、カマヴィンガはアンタッチャブルだ」と、クラブにとって不可欠な存在であると強調したそうだ。特にプレミアリーグへの移籍はまずないということだ。

 レアル・マドリードで2年目を迎えたカマヴィンガは、これまでリーグ16試合に出場。ただ、そのうち先発は5試合にとどまっていた。フランス代表として、カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場している。

【いま読まれている記事】
浦和狙うギアクマキス、ポステコグルー監督が注目発言「ここ数日で決まると思う」

【札幌】上里一将がTMに練習生で参加。獲得の可能性は? 河合竜二SD「ゼロではないが…」

Jリーグ監督可能に。JFAのS級講習会、内田篤人と中村憲剛が“特例”初、元浦和の平川忠亮、元FC東京の佐藤由紀彦、元G大阪の大黒将志も

Ads

Ads