鹿島の金崎夢生と鳥栖のチョン・スンヒョンを”電撃トレード”│移籍情報

金崎夢生 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA 

日本代表と韓国代表、いずれも完全移籍で同時発表!

 鹿島アントラーズは7月24日、金崎夢生のサガン鳥栖への移籍、また鳥栖のチョン・スンヒョンの加入を発表した。いずれも完全移籍。同時発表で”トレード”のような形になった。

 金崎夢生1989年2月16日生まれ、三重県出身。 180センチ、70キロ。 経歴は、滝川二高-大分トリニータ-名古屋グランパス-1.FCニュルンベルク-ポルティモネンセSC-鹿島アントラーズ-ポルティモネンセSC-鹿島アントラーズ。 

公式戦成績は次の通り。 

J1リーグ通算 253試合 54得点(鹿島では102試合38得点) 
リーグカップ通算 29試合 8得点(鹿島では7試合5得点) 
天皇杯通算 17試合 6得点(鹿島では4試合2得点) 
AFCチャンピオンズリーグ通算 26試合 12得点(鹿島では15試合8得点) 
FIFAクラブワールドカップ通算 4試合 2得点 
Jリーグチャンピオンシップ通算 3試合 3得点 
スルガ銀行チャンピオンシップ 1試合 0得点 

※日本代表 11試合 2得点 

 金崎は鹿島の公式ホームーページで、次のようにコメントしている。

「アントラーズには3年半在籍し、本当に素晴らしい経験をさせていただきました。わがままを言ってチームに迷惑を掛けたこともありましたが、チームメート、スタッフ、フロント、そしてサポーターの方々と共に戦い、タイトル獲得の喜びを分かち合えたことは、自分にとって大きな財産です。そんななか、移籍を決意した理由としては、新しいチャレンジに向き合いたいという気持ちがあったからです。アントラーズで培った経験を生かし、新たな挑戦に臨みたいと思います。今まで応援していただき、本当にありがとうございました」

 また、チョン・スンヒョンは、1994年4月3日生まれ、 韓国出身。188センチ、89キロ。経歴は、現代高校-延世大学-蔚山現代FC-サガン鳥栖

公式戦成績は次の通り。
J1リーグ通算 27試合 2得点
リーグカップ通算 3試合 0得点
ACL(蔚山現代) 4試合 0得点

※韓国代表 6試合 0得点
2018 FIFAワールドカップロシア大会出場 
2016 リオデジャネイロ五輪出場

 チョン・スンヒョンは次のように鹿島の公式ホームーページでコメントしている。

「鹿島アントラーズに加入することになったチョン スンヒョンです。アントラーズは、Jリーグで一番の名門クラブだと思いますし、最高のチームに来られたことに感謝しています。チームの名を汚さないよう、優勝するため最善を尽くしたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads