オフサイド? 中村憲剛のゴールを仙台GKシュミットダニエルはどう受け止めたか

ベガルタ仙台のサポーター。(C)SAKANOWA

「『流せ』という声を掛けていれば……」と悔やむ。

[J1 24節] 川崎 1-0 仙台/2018年8月25日/等々力陸上競技場 

 55分の中村憲剛のゴールシーン。ベガルタ仙台GKシュミットダニエルのゴールキックは、仙台の選手と競り合った登里享平がヘッドで競り勝つ。このボールがゴール前に飛んできたとき、中村はオフサイドポジションにいた。

 だが、大岩一貴がキックミスすると、それを逃さず拾った中村にシュートを叩き込まれた。

 大岩が飛んできたボール触っていなければ……オフサイドだった。ただ、「ルール改定で、選手がボールに触るとオフサイドが無効になると講習で聞いていた」と中村は説明していたが、大岩が”意図”してボールを蹴りに行ったことで、そこでオフサイドの効力は消えた。

 副審にオフサイドをアピールしたものの認められなかったシュミットは、次のように失点シーンを振り返っていた。

「ウチのDFのミスから、相手にボールが渡ったということだと思います。自分が『流せ』など、そういった声をかけていればオフサイドにはなったと思うので、そこはもったいなかったです」

 仙台の選手がボールに関わろうとしていなければ、オフサイドをとれた。それだけに、悔やみ切れないという様子だった。

 仙台はリーグ3連勝でストップ。ここから仕切り直しになる。

「勝点をとれた試合だったと思うのでもったいなく、悔しいです。(川崎は)揺さぶってくる感じではありましたが、最後、パスが出たあとのシューターに対する準備は意識できていて、自分としては悪くなかったと思います」

 試合には負けたものの、仙台の守護神は失点シーンを除いて「守れていた」という手応えを得ていた。次節9月1日はホームでの清水戦。このあと一旦リーグ戦は中断期に入るだけに、この日の悔しさと反省を生かし、杜の都のサポーターに勝利を届けたい。

取材・文:塚越始
text by Hajie TSUKAKOSHI

Ads

Ads