【U-19日本代表】金狼の郷家友太が必勝誓う「北朝鮮よりも走る」

U-19日本代表の郷家友太。(C)SAKANOWA

前日練習の円陣、響いた指揮官の声「暑さを吹き飛ばそうぜ!」。

[U-19アジア選手権] U-19日本代表-U-19北朝鮮代表/2018年10月19日/パカンサリスタジアム(インドネシア)

 U-19日本代表の郷家友太が10月18日、翌日に行われるU-19アジア選手権の初戦・北朝鮮戦に向けて抱負を語った。その表情は清々しさと凛々しさをたたえ、いよいよ迎える、という高揚と緊張感が漂っていた。

「高校3年(青森山田高)のときにこのチームに選んでもらい、まずこの大会で結果を残すことを目標にやってきました。早かったな、という思いがします。雰囲気はとてもいいです。とても明るく、いよいよ試合だという気持ちに、みんながなれています」

 この日の練習開始前、円陣を組んだ影山雅永監督から、会場の小さなスタンドにこだますぐらい大きな声で、しっかり良い練習をして「この暑さを吹き飛そうぜ!!」という気合の入った大きな掛け声が響いた。

「はい、あの声で、みんな乗れました(笑)」と郷家も言う。

   そして指揮官の声に応えるように選手たちも練習中から声を掛け合い明るい表情を見せ、同時にボールを使った練習では緊張感を漂わす場面も見られた。

 北朝鮮戦は肉弾戦になることも想定される。加えて運動量もひとつのポイントになる。そのなかで、郷家は空中戦とセカンドボールをキーワードに挙げた。

「空中戦も多くなりますし、セカンドボールを拾うためには多く走らないと絶対に勝てない。北朝鮮よりも走って、攻撃も走って、1点でも多く取りたいです」

 このチームが昨年U-18代表として発足してから、コンスタントにメンバーに選ばれてきた。その間に青森山田高から神戸へ進み、今では、アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキとともにプレーしている。

   ヴィッセル神戸では今季公式戦29試合に出場し、8月19日の23節・湘南ベルマーレ戦(〇2-0)で嬉しいリーグ初ゴールも決めた(リーグ21試合1得点。ルヴァンカップでも1ゴール)。

 とはいえ、完全なレギュラーにはなり切れず、悔しさも力に変えてきた。だからこそ、このU-19代表でも、チームに勢いを与えるプレーを見せたい。

   この大会が来年のポーランドU-20ワールドカップのアジア最終予選となる。チームの勝利のため、ゴールをもたらす活躍を見せたい。髪の毛を染めた金狼・郷家がアジアから世界への扉をこじ開ける――。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads