「やっぱりゴールは嬉しい」久保建英が吠えた渾身FK弾!

U-19日本代表対U-19北朝鮮戦、久保建英が直接FKで値千金の勝ち越し点を決める!(C)AFC

北朝鮮に2-2と追い付かれる嫌なムードを一掃する。

[U-19アジア選手権] U-19日本代表 5-2 U-19北朝鮮代表/2018年10月19日/パカンサリ(インドネシア)

 U-19日本代表の久保建英がチームの苦しい状況を救う渾身の直接FKを叩き込み、そこからさらに追加点を重ねて5-2の勝利に導いた。

 2-2で迎えた65分、ゴールに向かってやや右サイド、約25メートルの距離。自分の間合いでゆっくり時間を使い、久保がシャープに左足を振り抜く。するとボールはスピードに乗ったまま弧を描いてゴールネットに突き刺さった。チームに漂っていたどことなく嫌な雰囲気を一掃する一撃であり、同時に相手にも大きなダメージも与えた。この試合のターニングポイントになるゴールとなった。

 FKを決めたあとに咆哮し、全身で喜びを表現した久保は試合後に言った。

「自分が相手の嫌がる位置を取って、味方を少しでも楽にできればと思いました。やっぱりゴールは嬉しいですから。サッカーは点を取るためのスポーツ。良かったです」

 今大会、その歓喜のシーンは何度訪れるのか――。久保にとっても、熱い戦いが始まった。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads