【U-19日本代表】滝、田川、斉藤、原2発の5得点でイラクに快勝。3連勝で準々決勝へ

U-19日本代表の滝裕太が先制ゴール! イラクに勝った日本はグループステージ3連勝で、準々決勝へ。(C)AFC

これでフィールドプレーヤー全員が先発。斉藤光毅は3試合連発、今大会初の無失点に抑える。

[U-19アジア選手権 GS3節] 日本 5-0 イラク/2018年10月25日/パカンサリ/インドネシア

 U-19日本代表がグループステージ(GS)のB組・最終節U-19イラク代表戦、滝裕太(清水)、田川亨介(鳥栖)、斉藤光毅(横浜FC)の得点、さらに原大智(FC東京)の2ゴールで、トータル5-0の勝利を収めた。日本はグループ3連勝で首位通過。通算13得点3失点。今大会初めて無失点に抑えた。

 日本は開始10分、ペナルティエリア内に切れ込んだ久保建英(横浜FM)のドリブル突破からのパスを、滝がヒールで流す技ありシュートで先制に成功する。さらに27分、荻原拓也(浦和)の左サイドからのクロスを久保がスルー。走り込んだ田川が合わせて追加点を奪う。

 34分には、石原広教(湘南)のパスを受けた原が強烈なシュートを突き刺し3点目。さらに77分、交代出場した斉藤のコーナーキックを、再び原がヘッドでねじ込み4-0と試合を決定づける。

 日本は攻め手を緩めない。これで集中の切れたイラクに対し、85分、力強いカットインで持ち込んだ荻原のスルーパスを斉藤が決めて5-0に。斉藤はGS全試合となる3試合連続ゴールを記録した。

 2連勝でグループ1位突破を確定させていた日本は、3連勝で準々決勝へ。来年行われるポーランドU-20ワールドカップの出場権を懸けた28日の準々決勝は、ホスト国のインドネシアと首都ジャカルタのゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムで対戦する。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads