杉岡はゴールを約束していた。U-19代表の齊藤と石原がインドネシアから湘南優勝を祝福

U-19日本代表に選ばれる湘南の齊藤と石原がルルヴァンカップ優勝を祝福!(C)SAKANOWA

ただ…石原は「残留できなければ意味がない。中2日のリーグ戦へ切り替えて」とも。

[U-19アジア選手権 準々決勝] 日本 – インドネシア/2018年10月28日/ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム/ジャカルタ

 U-19日本代表としてインドネシアでのU-19アジア選手権に参戦中のベルマーレ湘南所属のMF齊藤未月、DF石原広教が、それぞれルヴァンカップ初優勝を受けて喜びを語った。

 宿舎で大人数でも視聴できる環境が整えられ、多くの選手が一堂に会して観戦したという。もちろん対戦相手である横浜F・マリノスの山田康太や久保建英もいた。

「試合中から、かなりテンション高く盛り上がっていました。決まった瞬間は叫んで歓喜しました。めちゃくちゃ嬉しかったです。F・マリノスの二人は悔しそうでしたけれど」

 石原はそのように振り返る。

「あの舞台に立ちたかった気持ちもありましたが、今は僕はここで、湘南のチームメイトのため、湘南のサポーターの皆さんのためにも、やるべきことをやるだけです。自分もグループステージには出ていたので、少しは貢献できたかなと思います。チームとしての自信はつくと思うので、しっかりリーグ戦につなげてほしいです」

 試合前日にはLINEで杉岡大暉から、「俺、ゴール決めるから」と連絡があり、「頼んだぞ!」と返したという。その杉岡がゴールを決めてMVPを受賞――。まさに有言実行となった。

 U-19日本代表のキャプテンを務める齊藤も優勝が決まった瞬間は、「本当に嬉しかったです。その場にはいられなかったですけど、初優勝ですからね。僕たちも続いて、今は代表に集中し、出場権を獲得して帰りたいと思います」と、刺激を受けたそうだ。

 とはいえ、二人は翌日にU-20ワールドカップの出場権の懸かった準々決勝のインドネシア戦を備えた身でもある。試合後はすぐに切り替え、この日の夕方に組まれた”練習のための準備”に早速取り掛かったという。

 齊藤もあくまでU-19代表で戦っている立場であることを強調していた。

「優勝はできたので、また次へ。僕は明日のことだけを考えています。(U-20ワールドカップの出場権を獲得できれば)勝つことでチャンスが広がり、いろいろなことが生まれる。まず勝つことを考えてプレーしたいです」

 そのうえでインドネシア対策として、「キックが上手く、パワーもある。明日は非常に多くの地元のサポーターが来てくれるということなので、それでも気負わず出場権を獲得しようという話を(影山雅永)監督もしていました。相手は前からプレッシャーをかけてくると思うので、それを受けて、裏を狙うのか、しっかりつなぐのかを考え、球際や走り負けないことにも心掛けたいです」と語った。

 また、石原もある意味、湘南の一員だからこそと言えるメッセージを送っていた。

「(湘南について)これで残留しなければ意味がない。むしろ、そのほうが大事かもしれない。だから、まず中2日のリーグ戦(10月30日、アウェーでの磐田戦)、必ず勝ってほしいです。そこはしっかり切り替えてほしいです」

 石原自身もU-19代表では唯一のグループステージ第2戦タイ戦(〇3-1)、3戦イラク戦(〇5-0)の連続フル出場を果たしている。このチームでも1対1の強さと推進力で、チームに勢いを与える存在になっている。

「チームとしてのビルドアップなどの感覚は擦り合わせられてきたので、明日、W杯の出場権の懸かった試合。一体感を持って絶対に勝ちたいと思います」

 そのように若きサイドバックは気合を込めた。

 準々決勝の日本対インドネシア戦は、現地時間の19時30分、日本時間の21時30分開始。会場のゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムは収容7万7千人で、大会事務局によるとこの試合のため6万5000枚のチケットを用意したとのこと。前日の記者会見場では、すでに売り切れたとも伝えられていた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads