U-19日本代表の選手1人が新型コロナ感染。キャンプは中止に。タクシーで移動、選手ら濃厚接触者なし

8月1日夜に急きょ、メディア対応を実施した日本サッカー協会の反町康治技術委員長。

日本サッカー協会の反町康治技術委員長が状況を説明。

 公益財団法人日本サッカー協会(JFA)は8月1日から5日まで予定していたU-19 日本代表候補トレーニングキャンプを中止することを決定した。U-19日本代表候補トレーニングキャンプ集合時、参加者全員に実施したSmartAmp法およびPCR検査の結果、参加者の選手1名から新型コロナウイルスの陽性反応が認められた。これまでのところ、当該者は発熱などの体調不良の症状はなく、今後は保健所の指示に従って対応していく。プライバシーに配慮し、選手名は公表されない。

 当該者以外の検査結果は全員陰性。これまでのところ、他の参加者などから体調不良等の報告はない。保健所により、参加者には濃厚接触者はいないことが確認されている。JFAでは「JFAサッカー活動の再開に向けたガイドライン」を定めるとともに、トレーニングキャンプを実施する際には、日本代表活動に特化した「JFA育成年代日本代表国内トレーニングキャンプガイドライン」に基づいて感染防止対策に努めてまいりました。JFA は今後も感染拡大防止と安全確保を最優先に、さらなる注意喚起や健康状態の確認を引き続き細やかに取り組むとともに、厚生労働省や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応していく。

 メディア取材に応じた反町康治技術委員長は「ホテルまでの集合は一人で、タクシーでドア・トゥ・ドアで移動しています。監督やスタッフとはあいさつせず、すぐ部屋に入り、そこで検査をしています。そのため誰とも接触をしていません」と説明。1時間ほどで陽性か陰性がまず分かる「SmartAmp法」を実施。1時間ほどで結果が分かり、さらにPCR検査でも陽性が確認されたという。

 JFAのガイドラインに基づき、状況から判断し、5日まで予定されていたキャンプの中止を決定した。

注目記事:【名古屋0-1柏】コロナショック再起戦、マッシモ監督が想定外だったと嘆いたのは…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads