イニエスタが気合い十分「重要な一戦」にビックリマーク4つ!!!!

ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ。(C)SAKANOWA

F・トーレスとの一戦、神戸が鳥栖に勝てば15位以上が確定。負けると…。

[J1 32節] 神戸 – 鳥栖/2018年11月10日14:00/ノエビアスタジアム神戸

 J1リーグは残り3節、2018シーズンの最終章に突入する。11位のヴィッセル神戸は今日11月10日、ホームで16位のサガン鳥栖を迎え撃つ。神戸が勝てば、J1・J2昇降格プレーオフ圏を回避し、15位以上が確定する。一方、もしも負けると鳥栖と勝点1差になり、再び下位の争いが混とんとしてくる。

 この一戦の前日、神戸のMFアンドレス・イニエスタが自身のSNSのツイッターとインスタグラム(アカウント名は@andresiniesta8)を更新。試合前日練習でビブスを着用した自身のプレー写真とともに、「明日の重要な一戦に向けた準備。ヴィッセル神戸」とつづり、ビックリマーク(感嘆符)4つをつけて、気合いを入れている。

 11月3日の31節・名古屋グランパス戦、神戸はリーグ8試合ぶりの勝利、ファン・マヌエル・リージョ体制下の初白星を挙げ、勝点を40に伸ばした。過去のデータから見ると、勝点40はJ1残留当確ラインとされる。しかし今季はそのラインが上がっていて、今節はプレーオフ圏16位にあえぐ勝点36の鳥栖だ。もしも鳥栖が勝つと、再び神戸も下位争いに引きずり込まれてしまう。相手チームにはスペイン代表の同僚でもあったフェルナンド・トーレスがいあるだけに、イニエスタも燃えている。

 何よりホームでは残すところあと2試合。イニエスタはリーグ3試合連続出場中で、最近2試合はフル出場。神戸のサポーターに、今季最高の勝利を贈りたいという気持ちも伝わってくる。司令塔の復活により、チームもラストスパートをかける!!!!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads