【日本代表】初選出の鈴木優磨が負傷で辞退、杉本健勇を追加招集

鹿島アントラーズの鈴木優磨。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ACL決勝第2戦で右足関節捻挫を負う。全治約2週間。

 日本サッカー協会は11月13日、キリンチャレンジカップの11月シリーズ(16日ベネズエラ戦@大分、20日キルギス戦@豊田)に臨む日本代表のFW鈴木優磨(鹿島アントラーズ)がケガのため参加を辞退し、代わってFW杉本健勇(セレッソ大阪)を招集すると発表した。

 鹿島アントラーズによると、日本代表に初めて選ばれていた鈴木は11月10日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝のペルセポリスとの第2戦で負傷。チームドクターよる検査の結果、右足関節捻挫で、全治まで約2週間 と診断された。

 杉本はこれまで日本代表通算6試合1得点を記録。先日のJ1・32節の川崎フロンターレ戦(〇2-1)でゴールを決めるなど、今季リーグ28試合5ゴールを決めている。

 今回の代表メンバーでは他に、青山敏弘(サンフレッチェ広島)も負傷のため辞退し、守田英正(川崎フロンターレ)が代わって招集されている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads