GKカミンスキーが神セーブを語る。D・オリヴェイラのPK阻止は…

(C)SAKANOWA

「こういうセーブをみんなが待っていてくれたと思う。『お待たせしました』という気持ちだよ」

[J1 32節] FC東京 0-0 磐田/2018年11月10日/味の素スタジアム

 ジュビロ磐田のGKカミンスキーが11月10日のFC東京戦、再三にわたるビッグセーブを連発してチームにJ1残留へ一歩近づける貴重な勝点1をもたらした。

「こういうセーブをみんなが待っていてくれたと思う。『お待たせしました』という気持ちだよ。今日はタフなゲームだっただけに、サポーターのお陰で1ポイントを掴むことができた」

 試合後のカミンスキーはそのように胸を張って言った。

「確かにこの1ポイントは貴重。後半は押し込まれてラインを下げてしまい、カウンターを狙うしかなかった。そういったゲーム展開で耐えて、なんとか1ポイントを得られた。前半は特に相手に決定機を作らせなかった、PKやクロスバーを叩いたシーンはあったが、よく耐えていた。最近はディフェンス面は向上しているので、あと残り全ての試合で完封したい」

 試合内容には満足していないが、勝点を積み上げられたことを前向きに捉えていた。

 そして36分、FC東京に与えたペナルティキック。キッカーのディエゴ・オリヴェイラとの駆け引きに勝ち、キックミスを誘発した――ように見えた。が、カミンスキーの見解は違った。

「(PKのことは)キッカーのディエゴに聞いてもらいたい。僕もたくさんのPKを受けてきた中でも、蹴る側にとっては一番悪いキックの一つだったと思う。リラックスしすぎたのかな」

 カミンスキーが先に左へ少し動き、それを確認したD・オリヴェイラが逆の方向に蹴った。が、ボールは枠を外してしまった。ギリギリまで動かなかったカミンスキーだが、逆を取られたことで、心では「やられた」と思っていたようだ。

 また、試合終盤のコーナーキックからの森重真人、チャン・ヒョンスの連続した至近距離からの決定的なシュートを止めたシーンは、次のように説明した。

「ロングボールが抜けてきて相手に収まり、まずシュートを放つ選手との距離を近づけて、コースを防ぐことを考えた。非常に難しいシチュエーションだった。シュートがいずれも僕にヒットしてラッキーだったよ」

 2本立て続けてのスーパーセーブ。カミンスキーはシュートを蹴る選手との距離をできるだけ縮めてコースを限定するという決断を瞬時に下し、失点を防ぐ可能性を高めた。CKから完全フリーになった森重との1対1は、相手が左足にボールを置き換えるのを見て、壁を作ってブロック。こぼれ球をチャン・ヒョンスが蹴り込むときは体を投げ出し、左足に辛うじて当ててみせた。「2本とも同じ選手がシュートを蹴ったのかい?」とカミンスキーは確認していたほど、ボールの行方のみに集中していた。

 磐田はこのポーランド人GKの神セーブに救われた。リーグ戦は残り2試合。今度はフィールドプレーヤーが、カミンスキーの活躍に応える番だ。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads