危険な二人のストライカー大久保嘉人と前田大然が火花を散らす

Jリーグを代表するストライカー、磐田の大久保嘉人(左)と磐田の前田大然(右)が揃って登壇。(C)SAKANOWA

Jリーグキックオフカンファレンスで揃って登壇。

 Jリーグ開幕を前にJ1全18クラブの代表選手と監督が一堂に会した「Jリーグ2019 キックオフカンファレンス」が2月14日に都内で行われ、開幕カードごとに新ユニフォーム姿の選手たちが登壇し、新シーズンと初陣への決意を示した。

 ジュビロ磐田対松本山雅FC(2月23日15時/ヤマハスタジアム)のカードでは、磐田から大久保嘉人、松本から前田大然が出席。ふたりの注目のストライカーはステージ上でがっちりと握手をかわして健闘をたたえ合うとともに、熱い”火花”を散らした。

 磐田は昨季リーグ16位に終わり、J1参入プレーオフを制して、辛うじてJ1残留を果たした。迎える2019シーズン、これまでJ1歴代最多の184ゴールを決めている大久保にとって、通算200ゴールの大台達成も一つの目標になる。

 磐田で2年目を迎える大久保は「個人としては200ゴールを達成したいと思います。けれど、まずチームのため、チームが上へ行くために、一生懸命にやりたいと思います」と抱負を語った。

 一方、松本はJ2優勝を果たして4年ぶりのJ1復帰。東京五輪を目指すU-22日本代表での活躍も著しい前田は、「必ずゴールを取って、ジュビロ磐田に勝ちたいと思います」と短い言葉に想いを込めた。

 加えて、清水商高校卒の名波浩監督、清水東高校卒の反町康治監督という、ライバル校出身同士のJリーグを代表する指揮官対決も注目を集める。両監督ともに、やはり開幕カードは特別だと語るだけに、どのような策を講じてくるのか。

 二人のストライカーのゴールへの執念、二人の監督の采配によって試合に動きが生まれることを含め、予想もつかないような”何か”が起きる予感が漂う。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads