武富孝介2ゴール。湘南が札幌撃破、ホーム開幕戦勝利!

競り合う湘南の岡本(左)と札幌の福森(右)。(C)SAKANOWA

後半の選手交代が試合を左右する。

[J1 1節] 湘南 2-0 札幌/2019年2月23日/Shonan BMWスタジアム平塚

 2019シーズンのJ1リーグ開幕戦、湘南ベルマーレ対北海道コンサドーレ札幌は、浦和レッズから復帰した武富孝介の2ゴールでホームチームが勝点3を掴んだ。

 両チームともに3-4-2-1を採用するミラーゲームに。立ち上がりは札幌がボールポゼッション率で上回り、その間隙を突いて湘南もチャンスを作り出す一進一退の攻防が続いた。

 時間が経つごとに、山﨑凌吾が決定的な左足のシュートを放つなど、ホームチームのほうがゴールに迫るものの得点には至らない。一方、札幌もジェイ、チャナティップ、ルーカス・フェルナンデスで構成される前線の助っ人トライアングルを中心にゴール前まではボールを運ぶが、湘南の固い守備を打開できない。

 後半に入ると、早い時間からカードを切っていく湘南が次第に主導権を握る展開に。迎えた82分、湘南の山根視来のオーバーラップからのクロスが混戦になり、最後は武富孝介が執念で押し込み、ついに均衡を破る。

 その後は札幌が猛反撃をするものの、途中出場の鈴木武蔵のダイビングヘッドは秋元陽太にキャッチされる。

 見応えのある一戦は、試合終了間際に武富が2点目を追加し、湘南が勝利を収めた。

文:サカノワ編集グループ

 

Ads

Ads