やっぱり別格。ポドルスキが左足シュートの練習動画を公開

開幕のC大阪戦で先発した神戸のルーカス・ポドルスキ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

なかなかチームメイトが決め切れないなか…。

[J1 2節] 神戸 – 鳥栖/2019年3月2日15:00/ノエビアスタジアム神戸

 ヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキが今週末の3月2日、ホーム開幕となるサガン鳥栖戦に向けて燃えている。

 ノエビアスタジアム神戸での初陣を控えSNSのツイッター(アカウントは @Podolski10)を続々と更新。2月27日には「今年はよりハッピーな瞬間をたくさん創り出そう」と自身の笑顔のゴールパフォーマンスのイラストとともに紹介している。

 さらに28日には、スタジアム(と見られるところ)での練習の様子を伝える動画を公開。西大伍らとシュート練習をしていて、日本人選手はなかなか決め切れない。そんななか、最後にポドルスキが登場。軽く振った左足で芯を捉えたボールは、弾丸と化してゴールネットに突き刺さった。

 どの様子とともに、ポドルスキは「こちらが有名な左足です」とコメントしている。

 コメント欄には日本のみならず、ドイツやトルコからも書き込みが見られる。

 神戸で3年目、キャプテンマークをつけて2シーズン目を迎える。世界進出への足掛かりを掴みたい神戸だが、開幕のセレッソ大阪戦は0-1で敗戦。フェルナンド・トーレスや元バルセロナFCのイサック・クエンカが所属するサガン鳥栖とのホーム開幕戦は必勝を期すなか、ポドルスキがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。神戸の「武器」である強力な左足が火を噴くのを――日本のみならず世界中のたくさんのファンが待ち望んでいる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads