広島の新守護神へ!GK大迫敬介がプロA契約を締結

プロA契約の条件を満たした広島の大迫敬介。(C)SAKANOWA

今日は地元九州での大分戦。5戦連続スタメンなるか。

[J1 5節] 大分 – 広島/2019年3月30日19:00/昭和電工ドーム大分

 サンフレッチェ広島はGK大迫敬介が3月17日の4節・松本山雅FC戦で、 プロA契約の締結条件である450分(J1)の出場時間を超えたことに伴い、 プロA契約締結に合意したと発表した。広島は今日30日、19時から大分トリニータとアウェーで対戦する。鹿児島県出身の大迫にとって九州凱旋の一戦となる。

 大迫は1999年7月28日生まれ、鹿児島県出水市出身。186センチ・86キロ。これまでのキャリアは、江内サッカースポーツ少年団―フェリシドFC―広島ユースー広島。 これまで年代別の日本代表に選ばれ、昨年はU-19日本代表(現・U-20日本代表)としてU-19アジア選手権に臨み、U-20ワールドカップの出場権獲得に貢献した。

 大迫は次のようにコメントしている。

「A契約締結に合意できて、嬉しく思います。 ここからがスタートだと思いますし、現状に満足することなく試合に出続けられるように頑張ります。 応援をよろしくお願いいたします」

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads