浦和の山中亮輔は古巣相手の完敗認め「現実を受け入れ一からしっかり」

横浜FM戦でフル出場した浦和の山中亮輔。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

横浜FMは「本当にいいチームだなと思いました」。

[J1 6節] 浦和 0–3 横浜FM/2019年4月5日/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズのDF山中亮輔は、昨季まで所属した横浜F・マリノス戦にリーグ4試合ぶりの先発出場を果たした。しかし背後のスペースを突かれて守備で後手を踏み、バックパスが痛恨の先制点にもつながってしまった。見せ場の直接FKも大きく枠を外してしまうなど、フル出場したものの、いいところなく敗れた。

 4節のセレッソ大阪戦(〇2-1)ではFKから興梠慎三のヘディング弾、5節のFC東京戦(△1-1)では試合終了間際にグラウンダーのクロスで森脇良太の劇的同点弾と、2試合連続でアシストを記録。この古巣との一戦で運命的にスタメンの座を掴み、「結果を残す」と誓いピッチに立った。

 しかし横浜FMの仲川輝人に裏のスペースを突かれて、後ろ向きでプレーする機会が増えてしまう。相手チームも攻撃的なタレントを揃えた”ガチンコ”の浦和の左サイドで、連動性もある相手に翻弄された。

「(裏を取られていたが)そこのところで結構やられていたので、気を付けていた部分ではありましたけれど……。的を少し絞り切れず、前半は主導権を握られてしまい難しい試合になってしまったと思います」

 山中は完敗を認めるしかなかった。

「本当にいいチームだなと思いました。今日は完敗だなと思います。現実を受け入れて、一からしっかりやっていくしかないかなと思います」

 言葉少なに、山中は悔しさを滲ませた。

   浦和はこのあと9日にホームでアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の全北現代モータース戦、14日にアウェーでJ1・7節のガンバ大阪戦と連戦が続く。再び山中の左足が必要とされる時は、必ず来るはず。この悔しさは、ピッチで晴らすしかない。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads