ナバウトが「キャリア最高の瞬間だった」渾身の浦和初ゴール。誤審には「審判への信用が…」

浦和での初ゴールを決めたアンドリュー・ナバウト。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

主審がプレーオンを強調。「『オフサイドか何かがあったのか』と、よく分からないままプレーした」

[J1 12節] 浦和 2-3 湘南/2019年5月17日/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズのFWアンドリュー・ナバウトが湘南戦ベルマーレ戦で、加入2年目にして初ゴールを決めた。

 まさに渾身の一撃だった。

 22分の長澤和輝の先制ゴールで勢いに乗った浦和が、さらに畳みかける。迎えた25分、カウンターでボールを持ち運んだマルティノスから、絶妙なスルーパスが放たれる。中央からスピードを生かして駆け込んだナバウトが、GK秋元陽太のポジションを見極め、冷静にシュートを突き刺してみせた。

  ナバウトは少し興奮気味に語った。

「キャリアのなかでも最高の瞬間の一つでした。自分もこのゴールを待ち詫びていました。すごく時間が掛かってしまったけれど、ゴールを決めたあと、サポーターの熱狂的な声が届き、自分の中からも沸き立つ感情がありました。より高いモチベーションを得ました」

 このメンバーで、この試合で勝つ――。そこに集中し、懸けていただけに、ナバウトもこのチーム2点目を心から喜んだ。

「今日出場したすべての選手が高いモチベーションを持っていました。自分がスタメンでプレーできるに値すると証明するためにピッチに立ち、良い戦いができたと思います。戻ってきたら、またゴールを決めていきたいです」

「(ナバウト自身は)ここ最近、ノブさん(池田伸康コーチ)とファーストタッチの練習をしていて、その効果が出ました。ただケガをしてしまったので……何とも言えない状況です」

 そして31分、あの杉岡大暉の幻に消えたゴールシーンを振り返る。

「一瞬、何が起きたのか分かりませんでした。もちろん、ゴールが入ったと思いました。ただ笛が鳴らず、『オフサイドか何かがあったのか』と、よく分からないままプレーしていました」

 前代未聞の大誤審が起きたあとのカウンター。主審がプレーオンを強調したことで、ナバウト、長澤、マルティノスによるカウンターを発動させた。そして長澤からラストパスを受けたナバウトが……秋元と交錯して膝のあたりを傷めた。

 一度はプレー続行を試みたものの無理と判断し、自ら交代を求めた。試合の翌日以降、改めて精密検査を受けるという。

「あのようなミスをしてしまうと審判もすごく不安定な状態になり、そこから選手も審判を信用できなくなってしまい、バランスを取りにくいゲームになってしまう。その影響はあったと思います」

 そのなかで、ナバウトは改めて目標を語った。

「初ゴールを決めるまで時間がかかりましたが、また(ケガから)戻ってきたら、どんどん決めていきたい。ACLもあります。勝点を積み上げて、リーグではトップ4に入っていきたいです」

   アンドリューの存在価値を示した一撃。今回は逆転負けを喫した。しかし、浦和はこのゴールを、無駄にしてはならない。

浦和のアンドリュー・ナバウト。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads