「興梠はよく知っている。柏木、槙野、阿部…」浦和のオリヴェイラ監督が語った既知の選手とチーム作りについて

浦和の新指揮官に就任したオズワルド・オリヴェイラ監督。(C)SAKANOWA

明日25日の柏戦で初采配。リーグ戦は中3日、小さな変化や修正はあるか?

[J1 9節] 浦和 – 柏/2018年4月25日/三協フロンテアスタジアム

 浦和レッズが4月25日、オズワルド・オリヴェイラ新体制のもとでの初陣を迎える。オリヴェイラ監督は22日の就任記者会見で、これまでに知る選手の名前を挙げたうえで、今後のチーム作りについて、次のように言及していた。

 指揮官は「選手一人ひとりについて、これから深く知っていきたい」と語ったうえで、「(2007年から11年まで鹿島アントラーズで一緒だった)興梠のことはよく知っています。柏木、槙野、山田、李、阿部、彼らとは対戦もしていますし、JOMOカップ(オールスター)で一緒に仕事をした経験もあります」と具体的に選手名を挙げた。オールスター戦のことを記憶しているのは名伯楽らしい。

「ただ、それでも知っているのは3分の1にも過ぎません。大半の選手のことはまだ知りませんので、日々のトレーニングを見て、どのように特長を最大限に生かせるのか考えていきたい。個々をチームの方向性に乗せることが重要」

 そのようにオリヴェイラ監督は話し、「タイトルを獲るには、一人も欠かせない。全員の力が必要だ」と強調した。

 そのうえで、基本的には最近成績を収める3バックを基本布陣にして戦い、「大きな変化を加えるとすれば、ワールドカップの中断期間で。鹿島を指揮した2007年からは4バックで戦った。それは私の好みであるが、それを優先するつもりはない」と方針を示した。

 そして、このような力強い言葉を発した。

「私の言葉が説得力を持って、選手たちがしっかりとトレーニングして同じ方向を向ければ、タイトルを必ず目指せると信じています」

 まずは初陣を迎える。現在は連戦中でもありリーグ戦は中3日。早くも何かしらの小さな変化や修正を加えてくるのか?その采配に注目したい。

文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads