【W杯セネガル戦】日本代表、決勝トーナメント進出の条件は?

トピックス・ニュース, 日本代表

サカノワスタッフ

ロシアW杯の初戦コロンビア戦に臨んだ日本代表イレブン。写真:新井賢一/(C)Kenichi ARAI

「勝利」+「コロンビア勝利or引き分け」。「反則ポイント」も気を付けたい。

[ロシアW杯] 日本 – セネガル/2018年6月24日午後8時(日本時間25日午前0時)/エカテリンブルク

 FIFAワールドカップ・ロシア大会に臨んでいる日本代表は6月24日(日本時間25日0時)にグループリーグ第2戦、セネガル代表戦を迎える。コロンビアとの第1戦で2-1の勝利を収めた日本が、決勝トーナメント(ベスト16)に進出するための条件を整理する。

 4チームが8グループに分かれ、各グループの上位2チームの計16チームが決勝トーナメントに進出する。日本(FIFAランキング61位)のグループHは、ポーランド(同8位)、コロンビア(同16位)、セネガル(同27位)。

 セネガル対ポーランドは、セネガルが2-1で勝利。グループHは、日本とセネガルが1位タイで並んでいる。

 第2戦で日本が決勝トーナメント進出を決定するためのノルマは「勝利」。さらに、一方のカード、コロンビア対ポーランドで、コロンビアが勝つか、引き分けると、日本のベスト16が決定する。

 コロンビアが勝った場合、ポーランドのグループ敗退が決定。第3戦で、コロンビアかセネガルのいずれかしか日本と同じ勝点6に到達できないため。また、コロンビア対ポーランドが引き分けた場合、両チームは最終戦で勝点6に届かないため。

 ただしポーランドが勝った場合、最終戦で3チームが2勝1敗で並び、得失点差、得点数で競う場合が出てくる。

 それでも記録が並んだ場合、対象チーム同士の得失点、得点数、反則ポイントの少ない順(イエロー1点、イエロー2枚退場3点、一発レッド4点)、抽選の順番で決まる。

 最後に何が起きるかは分からない。フェアプレー精神を重んじてきた日本だ。イエローカードにも気を付けたい。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads