【PHOTO】猶本光の「サボテンおじさん」が話題に。浦和発ドイツ経由フランスW杯&東京五輪を目指す

安藤梢(右)らと記念写真に納まる猶本光(中央)。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

移籍セレモニーのあいさつで”登場”。サポーター一人ひとりに感謝。

[なでしこリーグカップ] 浦和レッズレディース 2-0 日テレ・ベレーザ/2018年7月8日/浦和駒場スタジアム

 浦和レッズレディースの猶本光が7月8日、ドイツ女子ブンデスリーガ1部SCフライブルク向けて移籍するラストマッチ、日テレ・ベレーザに2-0の勝利を収めた。

日テレ・ベレーザ戦に出場した猶本光。2-0の勝利に貢献! 写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

 試合後のセレモニーのあいさつで、話題になったのが「謎」の「サボテンおじさん」だ。

 彼女は浦和のファンとサポーターに向けて次のようにあいさつした。

「実は試合後のファンサ(ファンサービス)で皆さんと会ってお話をする時間はすごく楽しみにしていました。声を枯らして応援してくれるサポーターの方、仕事を休んで遠くから応援に来てくれている方、孫のように応援してくれているお爺ちゃん、お婆ちゃん、いつもサボテンをくれるサボテンおじさん、サインしてあげたらすごく喜んでくれる少年少女たち、そして観るたびに成長していて癒しをくれるちびっ子たち、勝ったときは一緒に喜んでくれて、負けたときは一緒に悲しんでくれて、頑張れと背中を押してくれて、ありがとうございました」

 猶本がサボテンおじさんと言うと、スタンドから笑いが起きた。浦和レディースを応援しているサポーターの一人のようで、そうした一人ひとりの支えに、彼女は心から感謝していた。

サポーターとともに勝利の凱歌を合唱! 写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

 最近は日本女子代表(なでしこジャパン)にもコンスタントに選ばれるようになってきた。目標は、浦和発フライブルク経由、来年の女子ワールドカップ(W杯)フランス大会、そして2020年の東京五輪へ――。「この浦和での6年間のように、さらにサッカーに集中して、また自分でも想像がつかないような自分を見せていきたい」と、猶本は誓った。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads