【浦和】マウリシオがブラジル2部に移籍か。地元ラジオ局などが報じる

マウリシオが退団か?写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

2日前には「今年はより浦和のために」とSNSでメッセージを記していたが…。

 浦和レッズのブラジル人DFマウリシオが急転直下、ブラジルに復帰する可能性が浮上している。

 ブラジルのラジオ局『paiquere』は1月6日、ブラジル・パラナ州のロンドリーナECがマウリシオの獲得を決め、同日午後にも正式発表されるとWEBサイトの記事で報じた。ロンドリーナは2019シーズンはブラジル・セリエBで17位に終わり、来季セリエCに降格する可能性がある。

 記事によると、FWのガブリエウ・バルボーザ(ガビゴルではない)、MFジュリオ・ラッシュ、そしてDFマウリシオと、3人の加入が決定的になったと伝える。

 マウリシオに関しては、「27歳のディフェンダーはサンパウロでプロデビューを果たして、近年はポルトガルと日本でプレーしてきた。昨年は浦和レッズでディフェンダーとして、(公式戦通算)33試合に出場して1ゴールを決めている」と紹介している。

 一方、マウリシオは2日前に自身のSNSのインスタグラム(アカウントは @mauricioantoniooficial )で浦和の写真とともに、次のように英語でメッセージを添えていた。

「今年はよりさらに、私の人生を浦和のために捧げます。2020年が浦和にとってベストの年になりますように!」

 そこから急転直下で移籍が決まろうとしているのか。それとも、まだ正式発表はないだけに、あくまでも推測であるのか……しかもブラジルの2部や3部までカテゴリーを落とすだろうか。

 マウリシオは2017年途中に加入、J1通算61試合3得点を決めている。同年のアジア・チャンピオンズリーグ( ACL )、2018年の天皇杯優勝を果たしたメンバーだ。

 昨年の天皇杯準決勝の鹿島アントラーズ戦(〇1-0)での決勝ゴールを奪ってチームに勢いをもたらすなど、気持ちを前面に押し出して闘う記憶に残る選手だった。

 浦和は1月7日に2部練習で始動している。

関連記事:【ベストイレブン】2020年へ――19年を象徴する11人。仲川&チアゴ、鈴木武蔵、ビジャ、シマオ・マテ、ヨニッチ、そして久保建英も選出

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads