「その手に乗ってこなかった」GK飯倉がパトリックのPKを称える

横浜F・マリノスのGK飯倉大樹。(C)SAKANOWA

横浜FMが広島に1-4大敗。青山から交代したキッカ-の耳元に何か囁いたが……。

[J1 19節] 横浜 1-4 広島/2018年8月1日/ニッパツ三ツ沢球技場

 前半終了間際、横浜F・マリノスはPKで先制点を与えてしまう。青山敏弘のキックを完璧に止めたものの、キックの前にゴールラインよりも前に出ていたとしてやり直しを命じられる。その行為に対してイエローカードも出された。

 しかも、やり直しのキッカーは青山からパトリックに代わっていた。

 ただ横浜FMのGK飯倉大樹は、その状況下でも意外と冷静でいた。1本目のやり直しも「仕方ない」と受け止めていた。

 そして、ペナルティマークにボールをセットしようとするパトリックに何かを話しかけた。

「『ラッキーだね』って英語で話しかけて、そんな余談でスキでも作ろうかと思いました。けれど、まあ(パトリックのPKは)巧かったですね」

 パトリックは蹴るギリギリの瞬間まで、飯倉が動き出すのをじっと見て待っていたという。飯倉はその駆け引きについて振り返る。

「俺が動き出さないかずっと見ていて、ちょっと俺が動いた逆に、真ん中より少し横へ軽く転がすぐらいの感覚で蹴ってきました。あぁ巧いなって。(少しでも動揺させようとしたが)その手には乗ってこなかったか、って感じました(苦笑)。ブラジル人選手はそういう駆け引きがとてもしたたか。もちろん、最初(青山)の1本目で、止めていれば良かったわけだし……あれはもう仕方ねえなって受け止めています」

 試合後、飯倉はそのように受け止め、むしろパトリックがあらゆる駆け引きで上を行っていたことを素直に認めていた。

 もちろん一方で、横浜FMの”第2のリベロ”にもなる守護神は、チームの課題を次のように指摘していた。

「ちょっと失点すると切れてしまうところの修正はかなり必要だと感じます。ペナルティエリア付近のファウルやコーナーキックを与えてしまっては、素晴らしいキッカーも、パトリックをはじめ競り合いに強い選手もいて、致命的になりかねない。そういうところで、集中ができていない。端的に言っているけど、それが本当に今はできていない」

  飯倉はそのように相手のセットプレーへの細かな対策の重要性も強調。相手の特長をいかに消すか。失点が止まらないだけに、そのあたりもこれからの戦いでは求められていきそうだ。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads