【J1】浦和対長崎は痛み分け。今季最大のブーイングが審判団に飛ぶ

浦和レッズのサポーター(昨年のACL決勝より)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

鈴木武蔵のシュートがポスト直撃。

[J1 20節] 浦和 0-0 長崎/2018年8月5日/埼玉スタジアム2002

 上位進出を目指した浦和レッズ対V・ファーレン長崎の一戦は、両チームともに決定機を作ったもののゴールを決め切れずスコアレスドローに終わった。

 浦和は立ち上がりから興梠慎三、武藤雄樹を経由してファブリシオがシュートを放つなど奔放な攻撃からチャンスを作り出す。一方、長崎は好機と見るやカウンターを仕掛けて、ファンマや鈴木武蔵が浦和ゴールに襲い掛かっていった。後半には鈴木のシュートがポストを直撃するなど、得点まであと一歩に迫った。

 後半途中からホームチームは、阿部勇樹、森脇良太、そして李忠成と交代カードを切って、攻勢を強める。それでも長崎の分厚い守備を攻略しきれない。最後はアウェーチームは”勝点1でOK”という試合運びに切り替え、結局0-0で引き分けた。

 今村義朗主審をはじめ審判団の判定がやや安定せず、選手も観客もストレスを抱える形となった。試合後は今季一番といえる埼スタのブーイングが審判団に飛んだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads