【鹿島】モバイルバッテリーのシェアサービスを湘南戦から開始

鹿島スタジアムでのサービスがさらに充実!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

1時間100円。今季リーグ戦の全ホームゲームで実施。

[J1 26節] 鹿島 – 湘南/2018年9月14日/カシマサッカースタジアム

 鹿島アントラーズは9月14日のJ1リーグ26節・湘南ベルマーレ戦から、県立カシマサッカースタジアムでのリーグホームゲーム開催時に、持ち運び可能な充電器のシェアリングサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」を設置すると発表した。アプリで決済され、使用料は1時間100円。

「ChargeSPOT」は、携帯可能なモバイルバッテリーのシェアリングサービス。貸出するモバイルバッテリーはほぼ全てのスマートフォンに対応していて、Micro USB、タイプC、アップルライトニングの端子3種類が付いている。

 対象試合は以下の4試合。

9月14日(金)26節 湘南ベルマーレ戦(19:00)
10月7日(日)29節 川崎フロンターレ戦(13:00)
11月3日(土・祝)31節 セレッソ大阪戦(14:00)※
12月1日(土)34節 サガン鳥栖戦(14:00)
※=ACL決勝進出時、開催日が10月31日(水)に変更となる可能性あり。

 指定のアプリをダウンロードし、アカウントを設定。アプリを使い、カシマスタジアムに設置されたChargeSPOTに表示されるQRコードを読み取ると、モバイルバッテリーが提供される。 

 利用料は、60分100円。決済はアプリに登録したクレジットカードで行う。 そのあと、48時間まで使用可能。初回利用時は、端末保証代金1,500円を預ける。 

 利用方法、料金など詳細は下記の鹿島のオフィシャルサイトでチェック!
http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/game_info/67566

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads