イニエスタが答える「気になるJリーグの選手は誰?」

神戸のアンドレス・イニエスタ(左)と那須大亮。(C)SAKANOWA

チームメイトの那須大亮との対談で、さまざまなトピックスについて語る。

 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタがこのほど、YouTubeの「那須大亮公式チャンネル」に登場。イニエスタが炎のDF那須との約10分間にわたる対談を紹介している。

 そのなかでイニエスタは、「神戸の街で好きな場所、気に入ったところはあります?」という質問に次のように答えた。

「家族みんなで少しずつ探索しているところで、以前住んでいた海の近くの六甲アイランドは好きでした。それに摩耶山にも行ったし、いろんなレストランで食べた神戸牛やお寿司も美味しい。神戸は気に入っているし、満喫しています」

 さらに那須は「アンドレスから見て、Jリーグで気になる選手はいます?」と質問。ただイニエスタは今回、具体的な選手名を挙げなかった……。

「日本人選手の名前を覚えるのは難しくて、まだ覚えられていないというのはあります。いろんなチームと対戦し、どのチームにも本当に上手いなと思う選手が何人もいます。Jリーグに来てそのレベルの高さに驚き、そういう意味でも自分にとって良い変化だと思っています」

 そのうえで、「今年は適応期間だったので、来シーズンはよりいいプレーを見せていきたいですね」と抱負を語った。

 さらにスペインと日本のサッカーを比較についても答えた。

「日本のサッカーは攻撃と守備が速いスピードで展開される試合が多く、ヨーロッパは緩急があったり、試合をコントロールするためにスピードを落とす局面もあるところが違うのかなと思います。Jリーグは、その素早い展開に対応するため、フィジカル的にもしっかりしなければ難しいリーグだと感じています」

 一方で、イニエスタは自身の経験を還元する一方、日本やJリーグから得るものもあると語る。

「ヨーロッパでサッカーをしてきて得たものを、日本のために還元していきたいです。一方、Jリーグでは、日本のサッカーやチームメイトのみんなから学んで、成長できる場だとも感じています」

 このほかキャリアで最も印象に残っている試合に「バルセロナでデビューしたシーズンのチャンピオンズリーグのピッチに立ったとき」を挙げていた。他にも那須が質問する形で、イニエスタがさまざまな気になるトピックスについて答えている。

 来シーズン、果たしてイニエスタを唸らせるような選手は出てくるか。Jリーグにとっての”持ち越し課題”になったと言えそうだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads