×

日本代表ハーフタイムデータ│ボール支配率70%、気になるタックル成功率の低さ

日本は北川の1トップを採用。後半開始時、選手交代はなし。(C)SAKANOWA

パス数は355本対155本で倍以上。

[アジアカップ 準々決勝] 日本 – ベトナム/2019年1月21日/アール・マクトゥーム・スタジアム

 UAEアジアカップ準々決勝、日本代表対ベトナム代表はスコアレスで折り返した。

 致命的なミスもあった日本だが、基本的にはすべて上回っている。このままのペースを保てるか。一方、タックル成功率が50パーセントとベトナムの85パーセントを下回っており、体力の消耗度がどのように影響してくるか気になるところ。

 前半を終えた時点のデータは次の通り。

□日本対ベトナム戦
ハーフタイムデータ
※AFCまとめ
       ベトナム 日本  
得点数               0点  0点 
シュート    6本  6本
枠内シュート  3本  2本
ブロックシュート 1本  3本
枠外シュート   1本  1本
※ブロックシュート
=ブロックされたシュート

ボール支配率 30.8% 69.2%
デュエル勝率 44.4% 55.6%
空中戦勝率     33.3%  66.7%
インターセプト 10本    5本
オフサイド   1回   0回
コーナーキック 2本   4本

パス数     155本  351本
ロングパス    26本  30本
パス成功率   71.0%  87.7%
敵陣パス成功率 60.5%  78.7%
クロス本数    6本   11本
クロス成功率  33.3%  27.3%

タックル数   7回    6回
タックル成功率 85.7%   50.0%
クリア数    13回    3回
ファウル数   5回    2回
イエローカード 0枚    0枚
レッドカード  0枚    0枚

文:サカノワ編集グループ

 

Ads

Ads