金沢の柳下監督が審判の『連携不足』に怒り爆発「さすがに言いたくなる」

金沢の杉浦恭平。(C)SAKANOWA

柏戦の終盤、清原のゴールは幻に…。

[J2 10節] 金沢 0-0 柏/2019年4月21日/石川県西部緑地公園陸上競技場

 ツエーゲン金沢の柳下正明監督が柏レイソル戦のあとの記者会見で、主審の度重なる首を捻る判定に、ついに怒りを爆発させた。

 判定の基準がややブレるなか、65分、「事件」は起きる。清原翔平がゴールに詰めてシュートを放つと、ブロックされて混戦に。こぼれたボールはゴールマウスに向かい、それをGK中村航輔は懸命に掻き出そうとする。

 清原もそこに詰めたが……中村と接触しそうになったところで、足を引いた。そして中村に追い付いた時には、ボールはラインを割って「ゴールイン」していた。

 しかし――西山貴生主審は清原のファウルで柏にFKを与えたのだ。

 確かに主審やカメラなどの位置によっては、清原が蹴った感じには見えたかもしれないが、実際は、むしろファインプレーとも言えるようにぶつかりそうになった時、足を引いていた。

 それだけに、清原は主審に猛抗議。しかし判定が覆ることなく、ノーゴールのまま試合は続行された。結局、試合はスコアレスドローに終わった。

 金沢の柳下監督は次のように記者会見で試合を振り返った。クラブの公式ホームページから引用する。

「柏は一人一人の選手の力があるので、危ない場面がたくさんありましたが、ウチの選手たちは最後の最後のまで体を張って守備をしてくれました。 チームが一つになって、90分戦えたとことは非常に良かったと思います」

 そのように切り出した指揮官は、判定について釘をさした。

「ただ、今日のジャッジは、そういう頑張っている選手たちが非常に可哀想だったと思います。 柏の選手たちも思うところはあるかもしれませんし、両方のチームから言われてしまう審判というのは、やはり何か問題がある。

 毎試合のようにマッチコミッショナーからレフェリーには文句を言っちゃいけないと言われますが、これだけ疑問に思うジャッジがあれば流石に言いたくなる。

 対戦相手の選手にはファールが出ず、金沢の選手にはファールが出る試合が数試合続いていて、そうなるとやはり意見を言いたくはなります。 言っちゃいけないと言われても、誰かが言わないと変わらない。

 人間だからどうしてもミスはある。だけど、じゃあそれが改善されているのかは疑問で、審判が4人いて4人で協力して連携をしっかり取れているのかは疑問です」

 そのように主審に限定せず、審判団の”連携不足”を指摘した。

「チームとしては、いくつかの大きなミスもあった。そこは直していかないといけない。 ただ、最後の最後まで集中を切らさずプレーできたということは非常に良かったです。 オルンガ選手を外した3バックでの想定は全くしていませんでした。 だけど、相手のポジションが4バックの場合も3バックの場合も、いろんな形のシステムの練習はしているので、選手たちに指示するとすぐに理解してプレーができていたと思います」

 最後はそのように金沢の選手たちの対応力を評価していた。

 金沢は3連勝のあと2試合勝ち星がなく(1分1敗)、4勝2分3敗で7位。次節は4月28日16時から、アウェーでレノファ山口と対戦する。

 一方、柏は3試合連続ドローの5勝3分2敗で5位。次節は28日15時からホームで横浜FCと対戦する。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads