浦和の新4番、鈴木大輔が初のフル出場「90分出たことだけが収穫」

取材に応じる浦和の鈴木大輔。(C)SAKANOWA

CLのアウェー全北現代戦で。清水戦でも先発か!

[J1 9節] 清水 – 浦和/2019年4月28日16:00/IAIスタジアム日本平

 4月24日に行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ4節のアウェーでの全北現代モータース(●1-2)戦、DF鈴木大輔が浦和レッズで初先発、初のフル出場を果たした。橋岡大樹らの負傷離脱もあり、ようやく巡ってきたチャンス。しかし「収穫はまず90分間出場できたことだけ。結果を残せませんでしたから」と満足はしていなかった。ただ、まずまずのパフォーマンスを見せたことで、28日の清水エスパルス戦では、新天地でのJ1リーグデビューを果たす可能性も高まっている。

 アウェーでの全北現代戦は、「立ち上がり15分間はショートカウンターからチャンスを作れて、(浦和の最終ラインも)引きすぎずに相手の攻撃を迎えられて、個人的には良かったと思いました」と選手間のほどよい間合いを保てている時は危険を感じなかったという。一方、「FWが牽制をかけてきた時にどのようにスライドするのか。そのあたりを統一して、時間帯によって感じ取ってできれば」と課題も挙げていた。

 この試合では右ストッパーで先発し、槙野から岩波拓也へ交代したあとは、左ストッパーに入った。両サイドを務めたことになるが、鈴木はそれぞれの役割について、次のように語っていた。

「選手の特長がハッキリしているので、右は細かく作れるタイプ、左はサイドチェンジからの一発がある。(守備面では)右も左もチームとしてやろうとしていることは一緒で、相手の状況を踏まえ、しっかり対応していければと思います」

 ただし、鈴木としては、あくまでも一歩を踏み出したにすぎないという。

浦和に加入してまず公式戦90分出られたこと。それだけが収穫だったと言えます。結果がついてこなかったので……。コンディションはここから継続して、さらに上げていきたい。あとは周りとのコンビネーション。公式戦で組んだのは初めてだったので、どういったところでボールを受けたいのか、どのように守備の時に立ち位置を取りたいのか。練習で擦り合わせていても、公式戦で分かり合えるところもあると感じました。(試合中に)もっと良くなっていけるなと思えました」

 浦和の新たな背番号4番が求めているのは、何よりも「勝利」だ。

「清水もウチも好調で迎える一戦。勢いにやられないこと。ウチとしては内容を積み上げながら、結果も積み上げたい」

 日本代表歴もある鈴木が、浦和を支え、最終ラインから突き上げる。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads