ジェフ千葉が安田理大を獲得「平成の最後に契約し、令和へ突入します」

千葉への加入が決まった元新潟の安田理大。(C)SAKANOWA

日本代表7試合1得点。江尻監督が北京五輪代表コーチ時代にプレー。

 ジェフユナイテッド市原・千葉は4月30日、昨季までアルビレックス新潟に所属していたDF安田理大を獲得したと発表した。背番号33。

 安田は1987年12月20日生まれの31歳。173センチ72キロ、大阪府出身。

 これまでのキャリアは、ガンバ大阪ユース―ガンバ大阪―フィテッセ(オランダ)―ジュビロ磐田―サガン鳥栖―ヴィッセル神戸―名古屋グランパス―釜山アイパーク(韓国)―アルビレックス新潟。

 Jリーグ通算215試合8得点。日本代表7試合1得点。新潟退団後は無所属になっていた。江尻篤彦監督が北京五輪代表コーチを務めていた時、プレーしていた経験がある。

 安田は次のようにコメントしている。

「ジェフユナイテッド市原・千葉を愛する皆さんこんにちは。この度チームの一員となった安田理大です。

 “平成”の最後に契約し”令和”へと突入します。

 ジェフ千葉に新しい良い流れを運んでこれるようPassion込めて戦います。一緒にJ1昇格を目指しましょう」

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads