今季初スタメン落ち。マリノス10番の天野純「あのギラついた感じをもう一度」

横浜FMの天野純。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「今シーズンに入り、本来のプレーが1試合もできていない」

[J1 12節] 横浜FM 4-1 神戸/2019年5月18日/日産スタジアム

 横浜F・マリノスのMF天野純が12節のヴィッセル神戸戦、今季初めてスタメンから外れた。それでも80分から途中出場すると、改めて横浜FMの攻撃を活性化させて、三好康児の2ゴール目につながるシュートも放ち、4-1の大勝に貢献した。

 開幕から11試合連続でスタメン出場を続けてきた。チームは好不調の波はあるものの、基本的には「成長曲線」を描く。そのなかで、しかし天野は「自分のプレーのところで、今シーズンに入ってから本来のプレーが1試合もできていななかった。それを早く取り戻したい」と感じてきた。

 初のベンチスタートは、この切磋琢磨し合うレベルのなかでは必然だと受け止める。

「もっと早めに外すタイミングもあったと思います。それでも(アンジェ・ポステコグルー)監督が思い切って使ってくれたのに、期待に応えられなかったのは申し訳なかったです。原因はハッキリしていて、自分が悪いから外れたということ。自分が良くなればいいだけで、そこは自分自身と向き合うしかないです」

 今季は伝統のトリコロールの10番をつけ、キャプテンを務める。そうしたことも、どこかで影響したのか?

「考えないようにしていましたが、キャプテンマークを巻いて臨み、チームが負けたりすると、体が勝手にと言いますか、そういう(安全な)プレーを選択してしまっていました。もう一度、勢いのある自分を取り戻したい」

 今回はトップ下気味のポジションで10分間プレー。コーナーキックの流れから技ありのコースを突くシュートを放ち、GKキム・スンギュに弾かれたものの、そのこぼれ球を拾った三好の2ゴール目を演出した。

「自分が本来の調子でないことが原因なので、本来の姿に戻ることができれば。今日久しぶりに(トップ下で)やってみて、すごくサッカーが楽しかったですし。こういった感覚をもう一度取り戻して、いいキッカケにしたいです」

 そして天野は強調した。

「ポジションや役割、そういったところを含めて、考えすぎていたところもありました。一度、そこらへんを取っ払って、サッカーを楽しむとか、もっとギラギラしたものとか、あのギラついた感じをもう一度出していければ、もっと成長できると思います」

 このスタメン落ちも、ひとつのキッカケと捉える。あらゆる状況から這い上がり、横浜FMを支えてきた。天野が天野であることを示すため、マリノスの新たな10番像を示すため。今もがき苦しむなか、何か確かなものを掴もうとしている。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads