【日本代表】大迫勇也ー柴崎岳ー昌子源。3バックの「軸」に元鹿島勢

ボランチの柴崎岳がこの日もキャプテンマークを巻いて出場。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

なかなかチャンスを作れず…。

[キリンチャレンジカップ] 日本- トリニダード・トバゴ/2019年6月5日/豊田スタジアム

 キリンチャレンジカップ2019の日本代表対トリニダード・トバゴ戦、日本は森保一監督のもと初めて公式戦で3バックを採用。前半は中島翔哉のドリブル突破やクロスバー直撃のチャンスなどがあったが、流れのなかから連動して崩す場面は限られた。

 日本は3-4-2-1(3-4-3)の布陣でスタート。センターフォワードに大迫勇也、ボランチに柴崎岳、リベロに昌子源と元鹿島アントラーズの海外組で構成。その屋台骨は手堅いプレーを見せているが、このシステムの肝となる、ウイングバックの上下動が限られ、またストッパーがギャップを突いて高い位置でビルドアップに加わるプレーも限られた。

 そのため前半は全体的にダイナミックさを欠く展開が続いた。そして後半に入ると、何度かカウンターからピンチを迎える場面も。

 すると日本は62分に守田英正から小林祐希、酒井宏樹から室屋成に交代。さらに伊東純也、南野拓実も加えて、攻撃の活性化を図っている。

▽先発
GK
23 シュミット・ダニエル
DF
5 長友佑都
19 酒井宏樹
(62分→ 2室屋成)
3 昌子 源
22 畠中槙之輔
16 冨安健洋
MF
7 柴崎 岳
11 中島翔哉
(71分 →9南野拓実)   
24 守田英正
(62分→ 25 小林祐希)
21 堂安 律 
(71分 →14 伊東純也) 
FW
15 大迫勇也

▽SUB
GK
12 権田修一
28 大迫敬介
DF
20 槙野智章
4 山中亮輔
MF
10 香川真司
8 原口元気
6 橋本拳人
9 南野拓実
FW
13 永井謙佑 

Ads

Ads