【鹿島】「ここからが本当の戦い」三竿健斗が挙げた広島戦セカンドレグの警戒ポイント

鹿島の三竿健斗。(C)SAKANOWA

球際の攻防、攻守の素早い切り替えに好感触。

[ACL 決勝T1回戦-1st] 鹿島 1-0 広島/2019年6月18日/県立カシマサッカースタジアム

 鹿島アントラーズのMF三竿健斗が、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)サンフレッチェ広島戦のファーストレグにボランチとしてフル出場し、勝利に貢献した。

 セルジーニョの渾身の一撃を守り切りホームで先勝した。三竿は試合後、「球際や攻守の切り替えがキーになると思っていましたが、ボールを奪われたあとの切り替えも素早く、距離間もよく、すごくいい風に戦えていたと思います」と、納得の1勝を振り返った。

 ホームでの1-0。完封で切り抜けたことで、鹿島は引き分け以上でベスト8に進めるという優位な状況に持ち込めた。それでも三竿はここからが本当の戦いだと気を引き締める。

「最低限のことはできたと思います。欲を言えば2、3点目が欲しかったです。一人相手が少なくなったあと(86分に稲垣祥が退場処分)の守備も、もう少しうまくできたとは思います。ただ、もう終わったこと。1-0でリードしていますけれど、ここからが本当の戦いです。切り替えていきたいと思います」

 そしてアウェーでの第2戦のポイントについて、広島のパワープレーへの対応を挙げていた。

「点を取りに来た時、ドウグラス・ヴィエイラ選手とパトリック選手の二人が前線に並ぶと、ロングボールやクロスボールが増えてきます。パトリック選手には昨年やられているので、そういったところで、怖さは出るかなと思います。サイドのところでクロスを上げさせない守備。それが大事になると思います」

〈勝利の方程式〉と言えるだろうか。そのように日本代表にもコンスタントに選ばれる23歳のボランチは、鹿島が勝利するまでの道筋を見定めていた。

 第2戦(セカンドレグ)は6月25日午後7時から、広島広域公園陸上競技場で行われる。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads