【日本代表】久保建英の適正はトップ下?サイド?それとも…

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

森保一監督の期待はゴールに直結する存在。

[コパ・アメリカ GS③] 日本 – エクアドル/2019年6月25日8:00(日本時間)/ミネイロン

 日本代表がコパ・アメリカ(南米選手権)のグループステージ3節、エクアドル代表との一戦に臨む。日本は2ゴール以上の勝利で決勝トーナメント進出が決まる。1-0での勝利の場合、他会場の結果、またはフェアプレーポイントによってベスト8に進むことができる。

 この試合では、FC東京からレアル・マドリーへの完全移籍が決まった久保建英が、グループ初戦のチリ戦(●0-4)以来となる先発での起用が有力視されている。

 スタートの布陣は4-2-3-1が貫かれそうだ(試合途中の3バックへの変更はあり得るが)。では、久保はどのポジションで起用されるのか? 今回の起用法により、森保一監督が久保に期待する役割も見えてきそうだ。

 途中出場から国際Aマッチデビューを果たしたキリンチャレンジカップのエルサルバドル戦(〇2-0)、そしてコパ・アメリカのチリ戦では、トップ下で起用された。そして、前回途中出場のウルグアイ戦では三好康児との交代出場から右サイドハーフに入った。

 4-4-2が基本布陣のFC東京では、久保は右MFでプレーし、状況に応じて、途中からFWやトップ下も務めてきた。

 ”重戦車”ディエゴ・オリヴェイラと”スーパーカー”永井謙佑というJ屈指の2トップがいるからこそ、マークが集中する彼らを生かしつつ、自らも生きる。その術を身につけていった今季の久保は、リーグ13試合4得点4アシストと多くのゴールに絡んでみせた。

 日本代表の森保一監督は久保に「2-0なのでプレスは忘れず、攻撃の起点になるように。伸び伸びと特長を生かし、思い切ってプレーしてほしい」と指示を送っていたという。最低限の決まり事だけを伝え、18歳の彼にそこまで細かい要求はしてこなかった。

 ただ、日本代表での久保は、逆にその「自由」をもてあそんでいる印象を受ける。

 生き生きと思い切り、伸び伸びとプレーしている。が、FC東京で見えているような、ゴールへの道筋を作れずにいる感じだ。

 今回起用されれば国際Aマッチ4試合目になり、そのあたりの周りとの関係性は、改めて改善されそうである。そろそろ、周囲とのコンビネーションも高めていきたい頃ではある。

 トップ下起用が続いたことからは、やはりゴールに直結する仕事を期待していたことが分かる。360度から厳しいプレッシャーを受けるこのポジションだが、そこさえ攻略できれば、たちまちビッグチャンスになる。センターフォワードに続いて重圧を受けるが、かわしたあとの恩恵も大きい。

 一方、サイドであれば、自身のリズムで仕掛けることができて、周囲を生かしながら臨機応変に自身もゴール前へ顔を出して数的優位を作り出せる。ただ、相手サイドバックへの守備の対応も求められ、それに追われるとゴールから遠ざかる。チャンスメイカーとしての役割のほうが強めだ。

「少しずつ連係から崩すシーンも増え、技術と賢さを出してくれた」と久保について語っていた森保監督だが、まずは、よりゴールに直結できる「トップ下」で起用していきたいという思惑も感じられる。4-2-3-1のトップ下は、香川真司がパフォーマンスを落とすなかで、南野拓実のみが計算できる存在。そこの人材を欲していることも感じられる。

 ただ、久保の主戦場は、ドリブルをより生かせるサイドになっていく可能性がやはり高いか。今後欧州を主戦場にしていくことになり、基本的には2列目の選手としてひとまず育てられていきそうだ。

 現状の日本代表では、久保の能力を最大限引き出すのであればサイド、チームとして欲しているのはトップ下、と言える状況か。

 さらに、他のプランはどうだろうか? 

 昨年インドネシアU-19アジア選手権に臨んだU-19日本代表で、久保は田川亨介(FC東京)や宮代大聖(川崎フロンターレ)と2トップを組み、ゴールをもたらしている。「センターフォワード+トップ下」と2トップは、そこまで大きな違いはない(4-2-3-1は守備時、基本的に2トップになる)。それでも久保がより「思い切り、伸び伸び」プレーし、かつゴールを期待するのであれば――前田大然( 松本山雅FC )や岡崎慎司 ( レスターFC→無所属 )との2トップも面白そうだ。

 あるいは、ボールの収めどころとして計算が立つだけに、状況に応じて久保の1トップも選択肢に入れてもいいかもしれない。大分トリニータ戦(〇3-1)で決めたJリーグでのラストゴールは、前線に残ってプレスをかけていたなかで生まれている。

 そういった適正や周囲とのコンビネーションや相性を含めて、森保監督も思案していることがうかがえる。エクアドル戦での久保の起用法に着目したい。キックオフは25日午前8時だ。

 コパ・アメリカの日本代表メンバーとグループステージの日程は次の通り。

▽▽日本代表メンバー
GK 
1 川島永嗣 (RCストラスブール/フランス)
12 小島亨介(大分トリニータ)※ 
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
DF 
5 植田直通(セルクル・ブルージュKSV/ベルギー) 
4 板倉 滉(FCフローニンゲン/オランダ)※ 
19 岩田智輝(大分トリニータ)※
22 立田 悠(清水エスパルス)※
14 原 輝綺(サガン鳥栖)※
2 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)※
15 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)※
16 冨安健洋(シントトロイデンVV/ベルギー) 
MF 
7 柴崎 岳(ヘタフェCF/スペイン) 
10 中島翔哉 (アルドゥハイルSC/カタール) 
3 中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)
11 三好康児(横浜F・マリノス)※ 
8 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ) 
17 松本泰志(サンフレッチェ広島)※
6 渡辺皓太(東京ヴェルディ)※
20 安部裕葵(鹿島アントラーズ)※
21 久保建英 (FC東京)
FW 
18 岡崎慎司 (レスター・シティー/イングランド) 
9 前田大然(松本山雅FC)※
13 上田綺世(法政大)※
※は日本代表初選出

▽グループステージ 
※日本時間(いずれも現地時間は、前日20時開始)

vs チリ代表 
6月18日(火) 
●0-4
得点者:なし

vs ウルグアイ代表 
6月21日(金) 
△2-2:
得点者:三好②

vs エクアドル代表
6月25日(火) 
8:00キックオフ 

Ads

Ads