【女子W杯なでしこの風景】その笑顔をもっと見たかった

イングランド戦、ゴールを決めた菅澤優衣香を迎えるなでしこジャパンの選手たち。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

「1勝」に終わった現実。

[女子W杯 決勝T1回戦] 日本 1-2 オランダ/2019年6月25 日/ルート・ド・ロリアン

 フランス女子ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、なでしこジャパン(日本女子代表)はオランダ女子代表に1-2で敗れ、ベスト16で姿を消すことになった。

 最近の国際大会では、リオデジャネイロオリンピックの出場権を逃したものの、高倉麻子監督のもと、今回のワールドカップ出場権を獲得。選手の世代交代を進めながら、2011年以来2大会ぶりの世界一を目指した。

 しかし、グループステージでスコットランドから1勝を収めたのみ。グループステージ1勝1分1敗、そして決勝トーナメント1回戦で終わった。

 FIFAランキングでは日本より上である、イングランド女子代表、そして今回のオランダ女子代表に善戦はした。しかし紙一重のその差を埋めることは、最後までできなかった。

 来年の東京五輪に向けて、多くの課題が噴出した。加えて、女子サッカーへの関心も大きく減退している――。

 監督交代論も出ているが……。何かもっと大きなところで、なでしこは変化を求められていると言えるだろう。

 何より彼女たちのこの笑顔を、もっと見せてもらいたかった。

イングランド戦、ゴールを決めた菅澤優衣香を迎えるなでしこジャパンの選手たち。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
岩渕真奈。東京五輪ではエースとして輝け!写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads