【湘南】杉岡大暉が西大伍との対決制し逆転弾「少し練習してきた」

神戸戦、湘南の杉岡大暉(5番)が決めた!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

利き足とは逆の右の一撃に曺貴裁監督「ミスキックでしょ」。

[J1 19節] 湘南 3-1 神戸/2019年7月14日/Shonan BMWスタジアム平塚

 湘南ベルマーレの杉岡大暉がヴィッセル神戸戦、3-4-2-1の左ウイングバックで3試合連続となるフル出場を果たし、待望の今季リーグ初ゴールを奪取。これが殊勲の逆転弾となった。ゴールを審判団が見逃す誤審に揺れたあの浦和レッズ戦での”幻のゴール以来”の一撃でもあり、今回、利き足とは逆の「右足」のビューティフルゴールで、ホームに約4か月ぶりとなる勝利をもたらした。

 杉岡は試合後、「本当にいいゴールでした」と自画自賛した。

「最初はもう一山を越えてクロスで合わせるイメージでしたが、いいところにボールが来たので、思い切って狙ってみようと思いました。本当にいいシュートでした」

 1-1で迎えた74分、交代出場した鈴木冬一のサイドチェンジのキックが足元へ。対峙した西大伍がクリアしきれなかったところを見逃さず奪い取ると、そのまま彼をブロック。すかさず右足でファーサイドへGKの頭上を越えるコントロールショットを放った。

「右足にこぼれた時点で、ゴール前だったので、少し練習もしていたので思い切って狙っていこうと思いました」

 試合後の記者会見で曺貴裁監督からはその杉岡のゴールについて、「ミスキックでしょう」とイジられた。一方、「杉岡はコパ(コパ・アメリカ)に行って少し良くなりました。寄せが早くなりました。百聞は一見に如かずで、僕はずっと言ってるけど変わらなかったところが、ひとつ行くだけで変わる。監督の虚しさを感じます」と、ここ最近の進化を評価されていた。

 杉岡もコパ・アメリカで得たものは大きかったという。「予測の部分、それに強度は、明らかにJリーグより高かった。その基準でやらなければいけないという新たな基準を生んでくれた大会になりました」と、一つのキッカケになった。20歳のレフティに、ここでゴールが生まれた――それは彼自身にとって、そして湘南にとって大きな意味を持つ。

 山﨑凌吾、フレイレのゴールも飛び出して、3-1で3月17日の4節・ベガルタ仙台戦(〇2-1)以来の勝利を収めた。これで湘南は7勝2分10敗で11位に浮上。再び歯車が噛み合い、勢いを伴って走り出した。

関連記事:【湘南×神戸】先制点演出のイニエスタが喝!「90分全体で戦い切れていない」

西大伍も驚かせた右足で一閃!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads