栃木がヴィニシウスを解雇

ジョナスとともに、二人の若手ブラジル人選手が契約解除に……。

 J2リーグの栃木SCは7月28日、ブラジル人FWヴィニシウスと選手・クラブの双方合意の上、契約を解除したと発表した。

 ヴィニシウス(登録名:VINICIUS)の本名は「Marcos Vinicius Silva Cupertino」。1996年6月7日生まれの23歳で、ブラジル出身。177センチ、70キロ。これまでのキャリアは、フルミネンセU-17―フォルサ・ジョヴェン―CDフェイレンセ― ECヴィトーリア―CAメトロポリターノ―ECヴィトーリア(いずれもブラジル)―栃木SC。複数のJリーグクラブの練習に参加したうえで、今年1月に栃木へ加入。しかし、これまで公式戦での出場機会を得ることはできなかった。

 ヴィニシウスはクラブを通じて、「短い間でしたがありがとうございました。 日本でプレー出来たことは私の人生の中で大きな財産となりました。 栃木SCの今後の活躍を祈っています」とコメントしている。

 また、同時期に加入したブラジル人DFで20歳のジョナス(登録名:JONAS 本名:Jonas da Silva Santos )も合わせて契約解除が発表された。ジョナスは「日本でサッカーをするチャンスをいただきありがとうございました。スタッフ、選手、ファンの皆さんにはいつも助けて頂き、本当に感謝しています。これからの栃木SCの活躍と発展を祈っています」とコメントしている。

 ふたりはすでにチームを離れている。栃木SCはJ2の24試合を終えて、4勝8分12敗(19 得点・34失点)の勝点20で、J2降格圏の21位に低迷している。平日開催となる7月31日の25節は、ホームで東京ヴェルディと対戦する。キックオフは19時から。

関連記事:「外国選手枠撤廃、ライセンス緩和…全て連鎖」原博実氏インタビュー【Jの挑戦➀】

Topics:VINICIUS and JONAS left Tochigi SC.

Ads

Ads