レアル久保が仏代表DFを抜き去りゴール!カメラマンも騙される

久保建英 (C)SAKANOWA

トレーニングでの技あり弾を『アス』紙が動画で伝える。

 スペインのスポーツ紙が運営する『アスTV』は8月5日、レアル・マドリードのトレーニングで、久保建英がフランス代表DFラファエル・ヴァランを抜き去ってゴールを決める動画をアップした。

 同サイトは『久保がヴァランを引き離して、ゴール隅のスペースを見出す』と題し、「カメラマンも素早い足技についていけず、レアル・マドリードのヤングスターが素晴らしいファインゴールを決めました」と、そのゴールシーンについてレポートしている。

 動画はスローモーションを含めて10秒ほどと短いものだ。練習中のミニゲームで、縦パスを受けた久保が数人に囲まれる。正面で構えているのは2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)優勝メンバーでもある26歳になるフランス代表DFのヴァランだ。

 18歳の久保はパスの勢いを生かして縦に行くと見せかけて、その反動を生かして素早く左足に切り返す。カメラマンもその動きについていけず、いったん久保はフレームの外に――。

 すると久保は素早く対面したヴァランの脇をついて、そのまま左足を振り抜いてシュートを放つ。しかもGKがファーサイドに来ると予測していた裏をかくように、ニアサイドを突いてゴールネットを揺らしてみせた。

 トレーニングとはいえ、久保の自信にもつながるようなファインゴール。レアルのサポーターの関心度も高いようで、さっそく動画再生回数も同サイト内で1位になっている。

 果たして、ジネディーヌ・ジダン監督へのアピールにつながっただろうか――。

 レアル・マドリードは8月7日(日本時間8日2:00キックオフ)、オーストリアのレッドブル・アレーナで、日本代表FWの南野拓実が所属しているオーストリア1部リーグのレッドブル・ザルツブルクとプレシーズンマッチを行う。

 久保は果たしてメンバー入りできるか。南野との対決も実現すれば、非常に楽しみだ。試合の模様はレアル公式ホームページ内の「レアル・マドリードTV」で中継される。

関連記事:レアル移籍の久保建英。唯一の懸念は「3部リーグ」のレベル、FC東京と比べて…

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Takefusa KUBO of Real MADRID got a fine goal!

Ads

Ads