×

ほぼターンオーバーの湘南完敗。アトレチコ・パラナエンセがカップ王者対決を制す!

湘南の梅崎司。※浦和レッズ戦より 写真:上岸卓史

多くの主力がメンバー外のなか、山田直輝やトカチらが先発。しかし0-4と大差に。

[カップ王者決定戦] 湘南 0-4 A・パラナエンセ/2019年8月7日/Shonan BMWスタジアム平塚

 ルヴァンカップと南米コパ・スダメリカーナのカップ戦王者決定戦、湘南ベルマーレ対ブラジルのアトレチコ・パラナエンセの一戦は、南米王者のアトレチコ・パラナエンセが4-0の勝利を収めて初制覇を果たした。ホームの地の利を生かしたかった湘南だが、1ゴールも奪えず完敗を喫した。

 湘南は今夏復帰した山田直輝、新加入の18歳トカチらが先発。これまでリーグ戦全試合フル出場中の秋元陽太や主力の山﨑凌吾、武富孝介、大野和成らはベンチ外、杉岡大暉、梅崎司、齊藤未月もベンチスタートとなった。

 しかし41分、ウェリントンのクロスをマルセロ・シリノがヘッドで合わせて、アトレチコ・パラナエンセが先制。これで試合の均衡が崩れると、後半はさらにブラジル王者が畳みかける。

 56分にホニ、63分にトニー・アンデルソン、84分にブライアン・ロメロと加点。終わってみれば、コパ・スダメリカーナ王者4-0の快勝を収めた。一方、湘南も梅崎、齊藤、杉岡らベンチメンバー6人を投入して反撃を試みたものの、ゴールは遠かった。

 シュート数も湘南の9本に対してアトレチコ・パラナエンセが17本。力の差を見せつけられた。

 湘南は8月11日のJ1リーグ22節、アウェーでジュビロ磐田と対戦する。

関連記事:岡田武史氏の秘蔵っ子がブレイクの予感。湘南DF小野田将人「いつでもチームのために」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Clube Atlético Paranaense beat Shona Bellmare 4 – 0.

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads