マジョルカ久保は勝負のPKとFKを蹴らせてもらえず。VARでPK与えたがスコアレスドロー

マジョルカの久保建英。(C)RCD_Mallorca ※ツイッターより

枠内シュート「1本」。最後はゴールネットを揺らしたもののオフサイドに。

[スペイン1部 4節] マジョルカ 0-0 アスレティック・ビルバオ/2019年9月13日/イベロスター・エスタディ

 スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)のRCDマジョルカは9月13日にナイターで、アスレティック・ビルバオとホームで対戦し、スコアレスで引き分けた。レアル・マドリードから期限付き移籍中のマジョルカの久保は最初の交代カードで途中出場したものの、なかなか攻撃面で見せ場を作れず、守備に追われる時間が多かった。マジョルカは1勝1分2敗と勝点1を積み上げた。一方、ビルバオは2勝2分に。

 スコアレスで迎えた63分、マジョルカの最初の交代で投入されたのが久保だった。日本代表の9月シリーズを経て、チームへの合流から1日しか経っていなかったがベンチ入り。そして膠着した試合状態を打開すべく、”勝負”のカードとして切られてピッチに立った。

 随所で技術の高さを発揮。80分にはサイドチェンジからの突破でファウルを受けて、PKを獲得する。しかしキッカーを務めたFWアブドン・プラッツが枠の向かって右へキックを外してしまう。

 その後の久保は味方との連係から崩す場面が限られ、ビルバオに押し込まれる時間も増えた。

 アディショナルタイムには久保の目の前で、VARの介入から味方のハンドを取られてPKを与えてしまう。しかし、これをマジョルカの34歳の守護神マノロ・レイナが完璧なセーブでストップ! マジョルカは一矢を報いた。

 すると直後、敵陣ペナルティエリア付近の右サイドでボールを持った久保がファウルを受けて、FKを獲得する。直接狙える位置でもあったが、この勝負のFKは蹴らせてもらえず。

 右利きのサルバ・セビルのキックから味方のヘディングシュートでゴールネットを揺らす。が、これはオフサイドのファウルを取られて、ノーゴールに終わる。

 試合終盤は様々な興奮が駆け巡るジェットコースターのような展開になった。しかし結局、マジョルカの枠内シュートは1本のみで、スコアレスドローに終わった。

 久保はスペインリーグ2試合無得点。

 マジョルカは次節、9月22日にヘタフェCFと対戦する。

関連記事:日本代表「市場価格」ランキング。4位冨安、2位に久保と堂安、1位は…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads