【浦和】ミスしてもいい。阿部勇樹が強調した「チャレンジあってのカバー」

上海上港戦に引き分けベスト4進出を決め、選手たちをハイタッチで労う浦和の阿部勇樹。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「攻撃でも、守備でも、チャレンジすることで、仲間もカバーできる」

[ACL 準々決勝-2nd] 上海上港 1-1 浦和/2019年9月17日/埼玉スタジアム2〇〇2
※2試合トータル3-3、浦和がアウェーゴールルールでベスト4進出

 浦和レッズのMF阿部勇樹がアジアチャンピオンズリーグ( ACL )準々決勝の上海上港との第2戦(セカンドレグ)、試合を締めるクローザー役として試合終盤の約10分間ピッチに立ちベスト4進出に貢献した。

 シーズン序盤はメンバー外が続いたが、チームの低迷と連戦のなか、最近は出場機会を増やす。直前のセレッソ大阪戦では先発出場を果たした。が、終盤に2枚目のイエローカードをもらい退場処分を受けてしまっていた。ただ、球際で静かに、しかし確実に敵の攻撃の芽を潰すその守備がここに来て重宝されているのは紛れもない事実だ。

 ベンチから、途中出場から、そして先発から、38歳になった浦和の22番は、さまざまな立場からチームを見守ってきた。

 阿部はそこで感じてきたことがあると言う。

「リードして堪え切ろうとする時、それは一人ひとりではなく、チームとしてやらなければいけないところ。 攻撃でも、守備でも、結局、まずチャレンジがないと。そのチャレンジあっての仲間のカバーでもあるから。

 それぞれ攻撃でも、守備でも、まずチャレンジをして、ダメだったら仲間がカバーをする。そのシンプルな方向でやっていきたい。

 今回(上海上港戦)は誰かがミスしても、チャレンジしていたからこそカバーできていた。難しく考えすぎてしまっているかもしれない」

 戦術的なさまざまな約束事や駆け引きがある。ただ、重要なのは、相手に挑むこと。そこからすべてはスタートすると強調していた。

「どんな内容の試合でも結果がすべて。どんなに悪くても、勝点3を、ある意味、どんな手を使ってでも奪おうとすることを、表現しないといけない。もちろん簡単には勝てない。一つひとつ妥協せず行きたい」

 そのように、アジアベスト4をリーグ戦の逆襲にもつなげたいと語る。

 そして阿部は改めて、「この試合が今後につながるようにしたい。 下を向くのではなくて、チャレンジとカバー。仲間を信じてやっていかないといけない」と、チームメイトを信じることの大切さを強調した。

【浦和】笑顔なき11点目の興梠慎三「サポーターに歯痒い思いをさせてしまい申し訳ない」

[取材・文:塚越始]

Posted by 塚越始

Ads

Ads