首位の浦和LがINACに痛恨の1敗。エース菅澤優衣香はそれでも「険しい道を切り抜けてこそ喜びは大きい」と諦めない

INAC戦でゴールを決めた浦和Lの菅澤優衣香。写真:早草紀子/C)Noriko HAYAKUSA

台風19号の影響で試合2日前からほとんど練習できず。

[なでしこL 15節] INAC 2-1 浦和L /2019年10月14日/カシマサッカースタジアム

 なでしこリーグで暫定首位に立つ浦和レッズレディースがシーズン終盤の”最後の山場”と言える大一番に挑んだ。3位につけるINAC神戸レオネッサ戦、勝点を積み上げられれば2014年以来となるリーグ優勝に大きく近づけた。が、無情にもその一手を詰むことができなかった。

 勝利するチャンスはあった。台風19号の影響で練習場が当面使用できなくなる大ダメージを受け、試合前の二日間は本格的な練習ができなかった。それでも16分に浦和が奪った先制点は、チームの勢いと成長を感じさせるものだった。

 右サイドの清家貴子のクロスに中央で待つ菅澤優衣香が、DF三宅史織のマークにも動じず、ピタリと頭で合わせて決めてみせた。清家のクロスの球筋、そのスピード、そして菅澤のポジション取り、その角度……練習で何度も繰り返してきたプレーそのもの。すべてが完璧だった。

「あの瞬間は自分でもすごく余裕がありました」

 菅澤も手応えを感じ取っていた。しかし、その8分後、INACの髙瀬愛実に豪快な同点ゴールを決められてしまう。そして後半に入ると両者のパフォーマンスが対照的になる。

 INACは中島依美をボランチに移したことで徐々に守備がハマり始め、途中投入した京川舞が効果的にゴール前でボールに絡み流れを掴む。

 一方、調子を上げてきた遠藤優、塩越柚歩の二枚代えで勝負に出た浦和は、中盤で後手に回り、ボールを前線へ運べない。頼みのエース菅澤は若い二人を使おうと潰れ役を買って出たが、そこに生じるスペースを有効に使えなかった。

「自分を超えたボールで相手のラインを下げさせるプレーも必要だったし、もっと二人(遠藤、塩越)と話をするべきだった」と菅澤は悔やむ。思うように修正できず、浦和の後半のシュートはわずか1本にとどまった。

 同じく負けられないINACは京川が決勝ゴールを決めて、優勝争いに踏みとどまった。

 浦和としては、ここは最低でもドローに持ち込み勝点1を積み上げたかった。暫定で首位を守った浦和だが、2位の日テレ・ベレーザとの勝点3差。しかもベレーザは延期試合があるため、残り試合が1試合多い。得失点差ではベレーザが浦和を14も上回っている。

 そのため両チームが残り全勝すれば、浦和は優勝に手が届かない。

 それでも、下を向かないのが今の浦和だ。

「試合後のみんなの表情を見ても、これで終わりじゃないという気持ちが伝わってきました。険しい道を切り抜けて優勝した時の快感は気持ちいいと思うので、それをチーム全員で成し遂げられるようにしたいです」

 菅澤は決意を新たにしていた。チームが厳しい時こそ、エースの一撃は、1ゴール以上のエネルギーをもたらす。悔しすぎる敗戦ではあるが、ラスト3試合、菅澤はより貪欲なプレーを見せてくれるはずだ。

関連記事:なでしこL好調の浦和。菅澤優衣香が悔しさに込めた「決意」

[取材・文:早草紀子]

Posted by 早草紀子

Ads

Ads