新国立競技場で元日開催。天皇杯決勝チケットは11月13日先行、12月14日一般販売

”デビュー”を待つ新国立競技場。(C)SAKANOWA ※2019年元日撮影

テーブル付シートを各種販売へ。10月23日に準々決勝。

 日本サッカー協会は10月21日、2020年元日に新国立競技場で行われる「第99回天皇杯・決勝」のチケットを11月13日から先行販売、12月14日から一般販売すると発表した。

 天皇杯決勝は、2020 年1月1日(水・祝)に新国立競技場で行われる。チケットは12月14日(土)10:00 から一般販売。 また、11月13日(水)11:00 から、チケットJFAを通じて全席種を対象に先行販売を実施する。

 今大会は、企画席として「ラウンジ付シート」・「テーブル付シート3名」・「テーブル付シート2名」が用意される(各席種の詳細な情報は後日案内)。

 国立競技場での天皇杯決勝は93回大会以来6年ぶり、もちろん新国立では初開催。新しく完成する国立競技場にとって、この試合が対外的に行う初のスポーツ競技大会となる。

 天皇杯は10月23日に準々決勝が行われる。カードは、ヴィッセル神戸対大分トリニータ、鹿島アントラーズ対Honda FC、サガン鳥栖対清水エスパルス、V・ファーレン長崎対ヴァンフォーレ甲府。 

 チケット販売に関する詳細は次の通り。

◆カード
天皇杯 JFA 第 99 回全日本サッカー選手権大会 決勝

◆試合概要
日時: 2020 年1月1日(水・祝)デーゲーム
会場: 国立競技場

◆販売概要
販売日時

【先行販売/抽選制】

申込期間: 11月13日(水)11:00~11月19日(火)23:59
対象: 全席種 ・チケット JFA でのみ受付します。
(http://ticket.jfa.or.jp)

【一般販売/先着順】

販売開始日時:12月14日(土)10:00

▽対象 
指定席(SS・S・SA・SB)
自由席(一般・高校生・小中学生)
「ラウンジ付シート」・「テーブル付シート3名」・「テーブル付シート2名」の残席分
※各席種の詳細な情報は後日ご案内します。

▽問い合わせ先
ハローダイヤル 03(5777)8600
※一般向けのお問合せ先を掲載される場合は、上記番号をご案内願います。
チケット種類・料金
※上記金額には消費税が含まれます。
※前売りで完売した場合、当日券の販売はございません。
※対戦カードが未定でも、会場指定で購入可能です。 

▽席種

天皇杯決勝のチケット種類と料金※JFA提供

関連記事:【天皇杯】浦和撃破したHonda FCの鈴木雄也「自信を結果で証明。でもまだまだ不完全燃焼」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads