なでしこジャパン「日本晴れ」新ユニフォーム初披露

新ユニフォームをお披露目したなでしこジャパン。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

シャットアウト勝利で初陣を飾る。

[MS&ADカップ] 日本女子代表(なでしこジャパン) 2-0 南アフリカ代表/2019年11月10日/ミクニワールドスタジアム北九州 

 なでしこジャパン(日本女子代表)が11月10日、ミクニワールドスタジアム北九州で行われた親善試合「MS&ADカップ」で南アフリカ女子代表に2-0の勝利を収めた。

 試合は12分にセットプレーから熊谷紗希の代表110試合目での初ゴールで先制に成功。さらに42分、ペナルティエリア内に侵入した直後の約20メートルの位置から背番号9をつける菅澤優衣香が意表をつくノーステップシュートをねじ込み、リードを2点に広げた。後半はより主導権を握り、シュート数はトータル20本対2本となでしこジャパンが一方的に攻めたが、さらにゴールを積み上げることはできなかった。

 そしてこの一戦、日本代表の新ユニフォームが初めて実戦で披露された。

 今回は男子、女子、ビーチ、フットサル、いずれもこのモデルのユニフォームを着用する。襟にあるサインオフのみ男女で変更される。この試合にも先発出場した岩渕真奈は、新ユニフォーム発表会の席で、次のようにコメントを寄せていた。

「派手で可愛い印象ですね。コンセプトの『日本晴れ』という言葉はすごく良いと思います。

 個人的にも、天気が良いと気分がすごく気持ちが上がります。

 特に日本の夏の青空は綺麗ですよね」

 新ユニフォームがお披露目されたことで、いよいよ東京オリンピックに向けての機運も高まる。笑顔が映えるデザインでもあり、これからなでしこの選手たちのたくさんの歓喜のシーンを見せてもらいたい!

関連記事:世界一のDF岩清水梓になでしこ特別賞。新たな夢「いつか一緒に」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Japan Women’s National Team( Nadeshiko JAPAN ) 2-0 South Africa Women’s National Team

Ads

Ads