【U-22日本代表スタメン発表&展望】海外組8人のうち久保ら5人先発、大学生の田中も抜擢

(C)SAKANOWA

右MFは橋岡ではなく菅原がポジションを掴む。

[キリンC杯]U-22日本代表 – U-22コロンビア代表/2019年11月17日12:50/エディオンスタジアム広島

 東京オリンピックを目指すU-22日本代表対U-22コロンビア代表のキリンチャレンジカップの一戦はキックオフを迎え、ホームの日本は身体能力と技術の高いコロンビアに対し一進一退の攻防を繰り広げている。

 日本代表(A代表)と兼任する森保一監督のもと、現在のこの世代のベストと言えるメンバーが集結した。注目の先発には、久保建英(RCDマジョルカ)、堂安律(PSV)のダブル・エースが先発。センターフォワードの上田綺世(鹿島)のもと、2シャドーを形成。

 一方、10番をつけるロイヤル・アントワープFCの三好康児、CSマリティモから凱旋した前田大然、ハーツの食野亮太郎はベンチスタートに。欧州組8人のうち5人が先発に名を連ねている。

 一つのトピックスと言えるのが右ウイングバックだ。橋岡大樹(浦和)ではなく菅原由勢(AZ)が先発の座を掴んだ。”20歳世代(ポーランドU-20W杯世代)”では橋岡が守備の中心を担ってきたが、今回、菅原がポジションを掴む形となった。

 さらに大阪体育大の田中駿汰も抜擢された。DF出身であるファイタータイプが、下克上とばかりにチームの起爆剤となり底上げにも貢献する。 

 U-22日本代表のメンバーは次の通り。

ポジション
背番号 名前(所属)

▼GK
1 大迫敬介(広島)
12 谷 晃生(G大阪)
▼DF
4 板倉 滉(フローニンゲン/オランダ)
16 岩田智輝(大分)
6 長沼洋一(愛媛FC)
2 立田悠悟(清水)
14 原 輝綺(鳥栖)
15 瀬古歩夢(セレッソ大阪)
▼MF
3 中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
10 三好康児(アントワープ/ベルギー)
8 田中駿汰(大阪体育大)
20 高 宇洋(レノファ山口)

7 堂安 律(PSV)
11 食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)
5 菅 大輝(札幌)
21 橋岡大樹(浦和)
22 菅原由勢(AZ/オランダ)
19 鈴木冬一(湘南ベルマーレ)
17 久保建英(マジョルカ/スペイン)
▼FW
9 小川航基(水戸)
13 前田大然(マリティモ/ポルトガル)
18 上田綺世(鹿島)

Ads

Ads