【清水】大熊清氏のクラブスタッフ就任発表。役職は後日決定

清水エスパルスのサポーター。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

前横浜F・マリノスのヘッドコーチ、クラモフスキー監督の就任も決定。

 清水エスパルスは12月16日、大熊清(おおくま・きよし)氏がクラブスタッフに就任することが決まったと発表した。役職などは後日改めて決定する。

 大熊氏は埼玉県出身、1964年6月21日生まれ。選手歴は、浦和市立南高 ― 中央大学 ―  東京ガス。指導者歴は、東京ガス/FC東京監督、U-20日本代表(2003年・2005年のクラブワールドユース出場)、日本代表コーチ、大宮アルディージャ監督、セレッソ大阪強化部長、セレッソ大阪監督、セレッソ大阪チーム統括部長など。

 C大阪ではユン・ジョンファン監督を招へいし、2017シーズンにはルヴァンカップと天皇杯の2冠獲得につなげた。さらに昨季は、東京ヴェルディからロティーナ監督を引き抜いている。

 また清水は12月14日に前横浜F・マリノスヘッドコーチのピーター・クラモフスキー氏の監督就任を発表している。クラモフスキー氏は1978年10月16日生まれ、オーストラリア出身。41歳。

 一方、大熊氏が退任したC大阪は、12月8日に梶野智氏のチーム統括部長就任を発表している。

関連記事:【Jの輪】引退決断の栗原勇蔵「家族より長い時間一緒にいたかもしれない」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads