【横浜FM】昨季コーチでリーグ制覇。アーサー・パパス氏がヘッドコーチに昇格

アンジェ・ポステコグルー監督(写真)を支えるヘッドコーチに、パパス氏が昇格。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

清水の監督に就任したピーター・クラモフスキー氏の後任として。

 横浜F・マリノスは1月9日、2020年シーズンからオーストラリア人のアーサー・パパス氏( ARTHUR Papas ) がヘッドコーチに昇格すると発表した。2019シーズンは、横浜FMのコーチを務めていた。

 パパス氏は1980年2月12日生まれ、39歳。オーストラリア出身。 コーチ資格は「Aro Pro Coaching License」。

 これまでの指導者歴は次の通り。

2009-2010年
オーストラリア代表U-18 アシスタントコーチ

2009-2011年
オーストラリア 国立スポーツ研究所 フットボールコーチ

2011-2012年
オークリー キャノンズ FC (豪州) ヘッドコーチ

2011-2012年
ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFC (豪州) トップチーム アシスタントコーチ 兼 ユース ヘッドコーチ

2012-2013年
インド代表U-23 ヘッドコーチ

2013年
デンポSC (インド) ヘッドコーチ

2014年
FCゴア(インド) アシスタントコーチ

2017年
アル・イテファクSC(サウジアラビア) アシスタントコーチ

2016-2018年
グリーン・ガリーSC (豪州) ヘッドコーチ

2018年
ノースイースト・ユナイテッドFC (インド) アシスタントコーチ

2019年
横浜F・マリノス コーチ

 横浜FMのヘッドコーチは、前任のピーター・クラモフスキー氏の清水エスパルス監督就任に伴い空位となっていた。2020シーズンはパパス氏が、アンジェ・ポステコグルー監督のもとで一段と力を発揮する右腕となって、J1リーグ連覇、さらにはアジアチャンピオンズリーグ( ACL )やカップ戦制覇を目指す。

関連記事:【Jの輪】藤本淳吾が天野純に送ったアドバイス、榎本哲也から決めたプロ初のFK弾

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads