ゴン中山雅史がアスルクラロ沼津と契約更新「一緒に闘って下さい」

中山雅史が沼津と2020シーズンの契約を更新。(C)SAKANOWA

通算6シーズン目、クラブはJ2ライセンス取得を目指す。

 J3リーグのアスルクラロ沼津は1月18日、元日本代表FW中山雅史と2020シーズンの契約を更新したと発表した。 

 中山は静岡県出身、1967年9月23日生まれ、52歳。178センチ・72キロ。これまでのキャリアは、筑波大学 ― ジュビロ磐田 ― コンサドーレ札幌 ― アスルクラロ沼津。通算成績は、J1リーグ355試合・157得点、J2リーグ12試合・0得点、J3リーグ0試合・0得点。日本代表通算53試合・21得点。

  2015年9月から沼津に選手登録し、今季で6シーズン目を迎える。これまで沼津での出場歴はない。トレーニングにはコンスタントに参加していて、若手をはじめ選手たちからの人望は厚い。

 中山は次のようにコメントしている。

「アスルクラロ沼津の発展と成長に全力を尽くす事で自らの成長につなげ、チームの闘い、勝利に貢献できるように走っていきます。

 一緒に闘って下さい。

 応援よろしくお願いします」

 沼津は2019シーズン、39 11勝6分17敗(35得点・43失点)の勝点39で12位だった。新シーズンはアビスパ福岡や徳島ヴォルティスを率いた今井雅隆新監督のもと、巻き返しとともに練習場などの課題をクリアにしてJ2ライセンスの取得を目指す。

 開幕は3月8日、鹿児島ユナイテッドとホームの愛鷹広域公園多目的競技場で対戦する。また、3月15日の2節はアウェーでのFC東京U-23戦、3月22日の3節は同じくアウェーでのブラウブリッツ秋田戦が決まっている。

関連記事:本田圭佑に「都リーグの恐ろしさを教える」が話題に。自販機なし、トイレなし、不戦勝あり…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads