【湘南】若月大和がスイスに2年の期限付き移籍「オランダ戦の2点が人生を変えた」

FCシオンへの加入が決定した若月大和。※写真はFCシオンの公式サイトより。

昨年のU-17日本代表キャプテンがFCシオンへ!

 湘南ベルマーレは1月28日、若月大和がスイス1部(スーパーリーグ)のFCシオンに期限付き移籍することが決まったと発表した。移籍期間は2020年1月27日日から2021年12月31日まで約2年間。昨年のU-17ワールドカップ(W杯)でU-17日本代表のキャプテンとして2ゴールを決めた有望株が、ヨーロッパでキャリアをスタートさせることになった。

 若月は2002年1月18日生まれ、群馬県みどり市出身、18歳。170センチ・68キロ。これまでのキャリアは、リベルティ大間々 ― 前橋SCJr.ユース ― 桐生第一高 ― 湘南ベルマーレ 。昨年は、湘南の特別指定選手としてもプレーし、J1リーグとルヴァンカップにそれぞれ1試合ずつ出場していた。

 若月は次のようにコメントしている。

「この度、スイススーパーリーグのFCシオンでプレーさせていただくことになりました。 日本の群馬県で生まれ育ち、桐生第一高校からJ1リーグの湘南ベルマーレに加入させていただき、期限付き移籍という形でシオンにやってきました。

 海外でプレーすることは小さい頃からの夢であり、ずっと抱き続けていたものでした。

 昨年、U-17W杯で初めて世界の強国と戦わせてもらったことで、よりその想いが強くなりました。初戦のオランダ戦で2ゴールを挙げたことで、僕の人生は変わり、ありがたいことに多くの海外クラブからのお話をいただきました。

 ですが、U-17W杯に出場することができたのも、桐生第一での日々はもちろんのこと、湘南ベルマーレでキャンプやトレーニングをさせていただき、さらに特別指定選手としてルヴァンカップやリーグ戦に出場させていただいたことで、掛け替えのない経験と成長を得られたからこそだと思っています。

 湘南ベルマーレでプレーしたい気持ちと、海外でのプレーにチャレンジをしたい気持ち。この二つの気持ちを熟考したうえで、今回の決断に至りました。

 もちろんシオンでプレーする以上、まずはチームの一員と認められ、勝利に貢献し、さらに上のステージにステップアップするために精一杯努力していきたいと思います。

 快く送り出してくれた湘南ベルマーレの皆さんへの感謝の気持ちを大切に、スイスで、FCシオンで頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」

 シオンはスイス1部で現在6勝3分10敗(26得点・37失点)の勝点21、10チーム中8位。監督は元スイス代表のムラト・ヤキン。

 クラブの公式サイトでは、若月はトップチーム、さらにU-21、U-18でもプレーする可能性があるということだ。

[文:サカノワ編集グループ]

関連記事:スペイン合宿中の湘南、バスがぬかるみにハマり全員で脱出を試みた結果…

Topics:Yamato WAKATSUKI of Shonan BELLMARE joins to FC SION.

Ads

Ads