FC東京U-23のユニフォーム決定!大胆「クロスデザイン」を採用

FC東京U-23の2020シーズンのユニフォームデザイン。※実物は異なります。(C)F.C.TOKYO

3月上旬、販売開始へ。3月8日のFC今治戦で開幕、ホーム初戦は15日の沼津戦。

 FC東京は2月3日、J3リーグに参加する「FC東京U-23」の2020シーズンのユニフォームデザインを発表した。

 変則的な透かしボーダー柄をベースに、斬新でインパクトある《クロスデザイン》をアシンメトリーに配した大胆なデザインを採用。チームの歴史、伝統と若さ、新しさが融合(クロス)し、 新たな次世代を担い活躍するチームへという願いが込められている。 

 FC東京U-23ユニフォームは3月上旬に販売開始を予定している。フィールドプレーヤーのファーストとセカンド、それぞれのモデルが16,000円(税別)(※GKユニフォームの販売はない) 。販売に関する詳細は2月下旬頃、FC東京のオフィシャルホームページにて発表される。

 FC東京U-23は3月8日のJ3開幕戦、アウェーでFC今治と対戦する。ホーム開幕は、3月15日の2節・アスルクラロ沼津戦。味の素フィールド西が丘で、14時キックオフを予定している。

 2019シーズンのFC東京U-23は8勝8分16敗(43得点・52失点)で、18チーム中16位だった。長澤徹FC東京トップチームコーチ兼U-23監督のもと、成績を残しつつ、長谷川監督のもとへ良質な選手を送り出す。

関連記事:【スペイン発】久保建英のレアル・マドリード復帰は「不確かに」!?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads