【鹿島】CB関川郁万の充実と猛烈な突き上げ「新たなサッカーとの出会い」

水戸戦でフル出場した関川郁万。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

プロ2年目に挑む新境地、「遠いところが見えての近いところ。ビルドアップは中高ではやってこなかったけど、嫌ではない」。

[いばらきサッカーフェス] 水戸 0-1 鹿島/2020年2月1日/ケーズデンキスタジアム水戸

 プレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル」の水戸ホーリーホック戦で、鹿島アントラーズのセンターバック関川郁万がフル出場を果たし、無失点勝利に貢献した。

 町田浩樹と最終ラインのコンビを組み、右CBの関川が後方のスペースをケアしながらスピードのある相手と駆け引きしながら、ピンチの芽を摘んでいく。状況に応じてラインを押し上げるとともに、縦パスを放って、ボランチの永木亮太らとのつなぎの感触も90分の中で掴んでいった。

「1年通してこのサッカーができていけば良くなっていくかなと感じています」

 頭と体をフル回転させた90分に「疲れましたね」と、充実の笑顔も漏らした流通経済大柏高から加入して2年目を迎えるDFは、今季就任したザーゴ監督のスタイルに新鮮さを持って取り組んでいた。

「ビルドアップは中学・高校ででやってこなかったけれど、嫌ではない。自分の中で新しいサッカー、新しい能力を得られるサッカーだと思ってやれています。最初は難しかったですけれど、やっていくうちに、どんどんできるようになっている実感を得られています」

 その「実感」について、より具体的に語る。

「ビルドアップって、近いところだけのことではない。遠いところが見えたうえでの近いところでもある。そういった基礎的なところから、(ザーゴ監督のもとで)まず学ばせてもらってきました」

 19歳はそのように自らの新境地を切り開いている感覚を今楽みつつ、同時に、J1昇格を明確な目標とする水戸相手に「無失点」「勝利」と結果を収められたことで、自信を深めた。

「ACL(アジアチャンピオンズリーグ・プレーオフ)で負けていたので、『アピールしよう』とはサッカー選手として思っていなければいけないことだと思っていましたし、そこを意識してはいました」

 レギュラー獲得に向けて、もっと食い込んでいく。ある意味、ルーキーイヤー以上のギラギラした眼をしているように映った。

 昌子源は鹿島に復帰しなかった――。それもまた、この男を奮い立たせる要因になる。関川が充実のプレシーズンを過ごし、2020年の戦いへと向かう。

関連記事:【鹿島】内田篤人が語った荒木遼太郎との共演「年を取ったせいか俺、嬉しいんだよ」

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads